« ソラミミストとして活躍の安齋肇さん、4年ぶりのTシャツ展を開催! | トップページ | みうらじゅん&安齋肇の『勝手に観光協会 ポスター完成記念展』 »

2009/06/05

ドキュメンタリーフィルム『或る音楽』+高木正勝オリジナル作品『Homicevalo』『NIHITI』

ドキュメンタリーフィルム『或る音楽』
+高木正勝オリジナル作品『Homicevalo』『NIHITI』
2009年7月4日(土)–24日(金)
ユーロスペース<レイトショウ>

Film_1

世界各地を旅しながら撮影した素材を元に、コンピュータを絵筆として映像作品を描き、ピアノを中心に音楽を作るアーティスト・高木正勝。10 年の創作活動を通じて、常に新しい地平を切り拓いてきた彼が2008年秋に「Tai Rei Tei Rio(タイ・レイ・タイ・リオ)」というプロジェクトに挑みました。音楽とは?芸術とは?音楽が生まれる瞬間とは?なぜヒトは音楽を奏でるのか?その根源的で普遍的な問いに、真摯に向き合った高木と共演ミュージシャンたち。コンサートを含めそのプロジェクトを丁寧に見つめたドキュメンタリー映画「或る音楽」が完成しました。歌う、祈る、たゆたう、捧げる、踊る、跳ねる、祝う、洞窟の中で、荒れ狂う波の前で、風吹き渡る草原で、ヒトはこうして音楽を通じて世界と対話してきたのだろう。自分たちを投げ出して演奏するミュージシャンたちの姿から伝わってきます。


監督:友久陽志
出演:高木正勝、田口晴香、ヤドランカ、松平敬、熊澤洋子、金子鉄心、
ヤマカミヒトミ、OLAibi、佐藤直子、沢田譲治


【初日舞台挨拶&トークショー(両日とも上映前)】
7月4日(土)初日舞台挨拶
ゲスト:高木正勝、友久陽志監督

7月15日(水)トークショー
ゲスト:中沢新一(多摩美術大学芸術人類研究所所長)、高木正勝


公式サイト http://www.epiphanyworks.net

関連作品-------------------------
高木正勝 新作CD+神話集「Tai Rei Tei Rio(タイ・レイ・タイ・リオ)」 6.17発売


Trtr_cd_2昨年のめぐろパーシモンホールおよび岩手県立美術館でのコンサートの音源を元に制作された新作アルバム。各楽曲のテーマやイメージに沿って、人類学者の石倉敏明氏が世界中の神話や民話を収集した100pの文庫本付き。

収録曲:16曲 約56分
アート・ディレクション,デザイン:近藤一弥
発売元:エピファニーワークス
販売元:ブルース・インターアクションズ
価格:3,000円(本体2,857円)


--------------------------------

ドキュメンタリーフィルム『或る音楽』
+高木正勝オリジナル作品『Homicevalo』『NIHITI』


7月4日(土)–24日(金)
21:00~22:45


チケット(税込)
当日一般1,700円/大学・専門学校生1,400円/シニア・会員1,200円
※特別鑑賞券1,400円劇場窓口のみで発売中


ユーロスペース
渋谷区円山町1‐5
TEL.03-3461-0211

http://www.eurospace.co.jp/

【名古屋上映】
2009年7月18日(土)~24日(金)連日20:35-
入場料金(当日券のみ)
一般1,500円 大学生1,400円 シニア1,000円
中学・高校・予備校生1,200円 会員1,200円
名古屋シネマテーク

http://cineaste.jp/

|

« ソラミミストとして活躍の安齋肇さん、4年ぶりのTシャツ展を開催! | トップページ | みうらじゅん&安齋肇の『勝手に観光協会 ポスター完成記念展』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/45244666

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリーフィルム『或る音楽』+高木正勝オリジナル作品『Homicevalo』『NIHITI』:

« ソラミミストとして活躍の安齋肇さん、4年ぶりのTシャツ展を開催! | トップページ | みうらじゅん&安齋肇の『勝手に観光協会 ポスター完成記念展』 »