« フェスティバル/トーキョー09春 『サンシャイン63』 | トップページ | カンパニー マリー・シュイナール 最新作日本初演 『オルフェウス&エウリディケ』 »

2008/12/16

【ご招待券プレゼント】 高梨豊 光のフィールドノート

高梨豊 光のフィールドノート
2009年1月20日(火)~3月8日(日)
東京国立近代美術館

ご招待券プレゼントの受付は終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。

Hp1
〈地名論〉より 淀橋 1997/東京造形大学蔵 © Y.TAKANASHI

高梨豊(たかなし ゆたか 1935年東京生まれ)は、1950年代末に写真家として出発。
『カメラ毎日』1966年1月号の巻頭36ページで発表された〈東京人〉や、60年代末に中平卓馬、森山大道らとともに刊行した写真同人誌『PROVOKE』を舞台として、時代の先端を疾走、写真における表現の根拠を先鋭に問いつつ、のちに写真集『都市へ』へとまとめられていった作品群は、つづく「コンポラ写真」の世代にも大きな影響を及ぼし、今日の写真表現へ直接つながる大きな転換点における、エポックメイキングな仕事として記憶されています。その後も、大胆に方法論を転換しながら、『町』(1977)や『初國』(1993)といった完成度の高い写真集を世に問いつづけ、また近年では、美術家赤瀬川原平、秋山祐徳太子と結成した「ライカ同盟」の活動でも知られています。高梨豊の個展としては過去最大規模のものとなる今回の展覧会は、都市をめぐる作品群を軸に、最初期の作品から、未発表の最新作まで、15のシリーズによって構成され、一作ごとに、歩行の速度を変え、カメラを換え、方法論を転換しながら重ねられてきた作品群は、それ自体が重層的な構造を持つ「都市」として、展示空間に立ち現れるでしょう。

〔約250点出品予定〕
http://www.momat.go.jp/Honkan/yutaka_takanashi/index.html

Hp3 Hp6
【左】〈silver passin'〉より 2008/作家蔵 © Y.TAKANASHI
【右】〈都市へ〉より 磐城 1970s/東京国立近代美術館蔵 © Y.TAKANASHI

対談イベント開催-------------------------
高梨豊×田中純(東京大学大学院准教授)
2009年2月7日(土)14:00-15:30 講堂(地下1階)
※聴講無料、申込不要(先着150名)

高梨豊 光のフィールドノート

1月20日(火)~3月8日(日)
東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1F)

10:00-17:00(金曜日は10:00-20:00)
※入館は閉館30分前まで
月曜休館

チケット
一般 850(600)円/大学生 450(250)円
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下・18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。
※入館当日に限り、「コラージュ─切断と再構築による創造」展、所蔵作品展「近代日本の美術」
(特別公開「横山大観《生々流転》」を含む)もご観覧いただけます。

東京国立近代美術館
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

|

« フェスティバル/トーキョー09春 『サンシャイン63』 | トップページ | カンパニー マリー・シュイナール 最新作日本初演 『オルフェウス&エウリディケ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/43437728

この記事へのトラックバック一覧です: 【ご招待券プレゼント】 高梨豊 光のフィールドノート:

« フェスティバル/トーキョー09春 『サンシャイン63』 | トップページ | カンパニー マリー・シュイナール 最新作日本初演 『オルフェウス&エウリディケ』 »