« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/21

金沢和寛 個展 「The brown of the corrugated cardboard」

金沢和寛 個展
The brown of the corrugated cardboard

2008年12月1日(月)~12月6日(土)
SPACE YUI


Kanazawakazuhiro

段ボールには色々な色があります。
焦げ茶やグレイッシュな茶色、赤味を帯びた茶色や黄色っぽい茶色。
そのナチュラルな茶色を活かして作った立体造型と、
それを写真撮影したものを展示します。

続きを読む "金沢和寛 個展 「The brown of the corrugated cardboard」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/20

「写真屋・寺山修司/摩訶不思議なファインダー」 展

「写真屋・寺山修司/摩訶不思議なファインダー」展

【第1期】2008年11月19日(水)-12月27日(土)
【第2期】2009年1月9日(金)-2月28日(土)
BLD GALLERY


25年の時を経て――。
写真集『写真屋・寺山修司 摩訶不思議なファインダー』の出版を記念して
寺山修司の写真作品を展示。

Bld_1

【ギャラリー・トーク】 ※要予約 TEL.03-5524-3903 Email: info@bld-gallery.jp
●11月22日(土)15:00~
写真集「写真屋・寺山修司 摩訶不思議なファインダー」制作に関わった方々とともに、
写真家としての寺山修司を検証。

出演 田中未知(展覧会監修者)、祖父江慎(デザイナー)、ハービー・山口(写真家)、菊池裕(歌人)

●11月23日(日)15:00~
「トマトケチャップ皇帝」「書を捨てよ町へ出よう」で初めて映像カメラを握った体験や
寺山との創作現場を語ります。
出演 田中未知(展覧会監修者)、鋤田正義(写真家)、沢渡朔(写真家)

続きを読む "「写真屋・寺山修司/摩訶不思議なファインダー」 展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

金子良/のびアニキ&鈴木 緑(hula ilima)&マジボクシングペインティング 遠藤一郎VS金子良/のびアニキ

横浜トリエンナーレ2008
RING DOME EVENT-RISING TUNES VOL.7
金子良/のびアニキ&鈴木 緑(hula ilima)

11月30日(日)17:00
RING DOME(運河パーク内特設ドーム)


ハワイ音楽にのせて踊るフラダンスのパフォーマンス&ワーク ショップ(参加自由)。

Nobianiki_for_ringdome

【RING DOME EVENT-番外編】
マジボクシングペインティング 遠藤一郎VS金子良/のびアニキ
11月30日(日)16:30 3分間勝負!!

続きを読む "金子良/のびアニキ&鈴木 緑(hula ilima)&マジボクシングペインティング 遠藤一郎VS金子良/のびアニキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚(鈴木ユキオ)新作公演 『言葉の先 The Point of Words』

金魚(鈴木ユキオ)新作公演
『言葉の先 The Point of Words』

2008年12月12日(金)―14日(日)
アサヒ・アートスクエア

身体に、空間に緊張感を漲らせた、
ドキュメンタリー的ダンスが行き着く先はどこなのか――。
言葉の先で、あるいは、言葉の切っ先で、
身体が語るものは何なのか――。

Chinmoku1_2

振付・演出
鈴木ユキオ
出演鈴木ユキオ・安次嶺菜緒・やのえつよ・川合啓史
 

続きを読む "金魚(鈴木ユキオ)新作公演 『言葉の先 The Point of Words』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

冨士山アネット新作本公演  「不憫」

冨士山アネット新作本公演
「不憫」
作・演出・振付 長谷川寧


2008.12.26(金)-29(月)
下北沢 ザ・スズナリ


病院という施設内、其処に居る数々の不憫な人間が、
その肉体を必要に 駆られて変えて行く様は、まるで人類の進化。

人は、まだまだ進化する。

Fujiyama

常に人間の身体性に着目し、肉体の可能性を常に模索してきた
冨士山アネットが送る今回の本公演のテーマは「進化する身体」。
人間の思い込みによって一般的には不憫と捉えがちな人間達による、
新たな拡がりをもった世界が描かれます。

※ポストパフォーマンストークあり
12/28(日) 19:30の回 シークレット
12/29(月) 14:00の回 乗越たかお氏(作家・ヤサぐれ舞踊評論家)

振付・出演
山本伸一(BQMAP) 石川正義 大石丈太郎 石本華江(妄人文明/co.山田うん)
石山優太(APE) 上ノ空はなび(toRmansion) 大西玲子 草光純太
玉置玲央(柿喰う客) 深井順子(FUKAI PRODUCE羽衣) 長谷川寧 他

続きを読む "冨士山アネット新作本公演  「不憫」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/13

宮の森美術館プレゼンツ 「WHAT'S!? SHOP&SHOW」

札幌PARCO×宮の森美術館期間限定ショップ
「WHAT'S!? SHOP&SHOW」

2008年11月1日(土)-2009年2月1日(日)
札幌PARCO7F
10:00-20:00(土曜のみ~20:30)

Whatsshopshow売るだけじゃない、見せるだけじゃない、
見て、聞いて、触れて、感じて、いっしょに楽しむ、
ニュータイプのセレクトショップ!

期間ごとにゲスト・クリエーターが美術館と共同で空間を構成。人気のミュージアム・グッズやデザイン雑貨、アクセサリー、ヴィンテージ・レアアイテム、限定アイテムなど、宮の森美術館が厳選したコレクションが満載。

ゲスト・クリエーター
11/1~30「What's 折り紙・アート!?」
  cochae×軸原ヨウスケ

12/1~31「What's ラジカセ・アート!?」
  Design Underground×松崎順一

2009.1/1~18「 What'sHappen?」




札幌パルコ
〒060-8502 札幌市中央区南1条西3丁目 TEL.011-214-2111

http://www.parco-sapporo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マカロニ・ウェスタン好きよ集まれ! マカロニ大忘年会

『イタリア人の拳銃ごっこ マカロニ・ウェスタン物語』刊行記念イベント
「マカロニ・ウェスタン大忘年会」


12月11日(木)
阿佐ヶ谷ロフトA

鮮血のバラードに乗って、世界をあまねく席巻したイタリア製西部劇“マカロニ・ウェスタン”。アメリカ製西部劇へのオマージュ(パクリ)として60年代に突如現れ、たちまち本家を凌駕し、ブームに乗り遅れまいとバカみたいに量産された。今回フィルムアート社より刊行された『イタリア人の拳銃ごっこ マカロニ・ウェスタン物語』の著者、二階堂卓也氏は、そんな歴史と真実をリアルタイムで追ってきた日本マカロニ界の生き字引ともいえるお方。すでに洋泉社から刊行されている著書に続き、決定版ともいえる本書発売を機に、もっと多くの方にマカロニを知ってもらいたい!との熱い思いを込めて、入門者からマニアまで楽しめることを目標に記念イベントを開催します!

イベント内容(予定)
トークショー
 出演:二階堂卓也氏(『イタリア人の拳銃ごっこ マカロニ・ウェスタン物語』著者)、
 蔵臼金助氏(イタリア製西部劇研究家)、多田遠志氏(ライター・司会)ほか出演交渉中

映像 マカロニの銃とロケ地を詳細解説
映像 マカロニ予告編ダイジェスト
映像 マカロニ男優入門編
映像 マカロニに影響を受けた最近の映画・ゲーム解説 など盛りだくさん!

続きを読む "マカロニ・ウェスタン好きよ集まれ! マカロニ大忘年会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林史子 「Nest-Hole」

小林史子「Nest-Hole」

2008年11月14日(金)-12月27日(土)
LOOP HOLE

Loop_kobayashi 国内のみならず、ドイツ、インド、ケニア、オーストラリアなどさまざまな国でインスタレーション作品を発表してきた小林史子の移動性は、作品にも反映されており、その場にあるあらゆる物を組み合わせ、自身の置かれた環境といかに交渉し、適応してきたか、作家の軌跡を読み取ることができます。最近では、準備期間中に使用した食器や寝袋、消費した飲食物のパッケージなども組み込まれ、より作家の軌跡が鮮明に表れています。スナックが軒を連ね、足を踏み入れた瞬間、時代錯誤的な印象を抱かせる商店街のど真ん中に位置するLOOP HOLEで、今回作家はこの環境と向き合い、どのような作品を生みだすのかに期待。
オープニング・パーティー
  11/14(金)18:00~
クロージング・パーティー
  12/27(土)18:00~

続きを読む "小林史子 「Nest-Hole」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ELECTROCK STAIRS旗揚げ公演 「Wピースに雪が降る」

東京ELECTROCK STAIRS旗揚げ公演
「Wピースに雪が降る」


2008年12月25日(木)・26日(金)・27日(土)
吉祥寺シアター


KentaroHIPHOPテクニックをベースに、
独自のコンテンポラリーダンス作品で
注目を集めてきたKENTARO!! が
この年末、自身のダンスカンパニーを
立ち上げる!!




―失望しても傷つけられても、
  裏切られても死ぬほど泣いても、
  いいじゃないか。
  きっと未来は明るい。
  キレイ事でもいいじゃないか。―




振付・演出・出演
KENTARO!!

出演
大江麻美子 金澤百合子 齋藤庸介
酒井幸菜 高橋幸平 三東瑠璃 LOCKY



Photo 野田知明



続きを読む "東京ELECTROCK STAIRS旗揚げ公演 「Wピースに雪が降る」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/12

Rolitoland-オリートのパタポン・ワールド

Rolitoland
オリートのパタポン・ワールド
2008.12.12(金)-12.25(木)
LAPNET SHIP

プレイステーション・ポータブル(PSP)のゲームタイトル『パタポン』、
『パタポン2ドンチャカ♪』(2008年11/27発売予定)のキャラクター
およびグラフィックを手掛けたフランスのクリエイター、
Rolitoの日本初個展開催!

Pataartworks
※開場にて『パタポン』グッズの販売もあり

続きを読む "Rolitoland-オリートのパタポン・ワールド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seashell:弦楽四重奏とAyuoの音楽-弦楽四重奏、ギターと歌による『Sleeping, Dreaming, Dying』

Seashell:弦楽四重奏とAyuoの音楽
―弦楽四重奏、ギターと歌による『Sleeping, Dreaming, Dying』


2008.12月6日(土) 18:30開場/19:30
公園通りクラシックス


ギター・ヴォーカルのAyuo&バイオリンの甲斐史子&ヴィオラの佐藤佳子による
新ユニットで演奏される今回は、ダライ・ラマと科学者たちの対話にインスパイヤー
された曲集を中心としたプログラムで演奏される。



出演Ayuo(G,Vo) 甲斐史子(Vn) 佐藤佳子(Vla) 松本卓以(Vc) 宮野亜希子(Vn)

チケット
予約3,200円/当日3,500円(共に1ドリンク付)
※17:00~22:00 Tel.03-3464-2701にて予約受付(月曜定休)

公園通りクラシックス
〒150-0042 渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F
Tel.03-3464-2701
http://www.radio-zipangu.com/koendori/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/11

寺山修司・没後25周年公演 劇団☆A・P・B-Tokyo Presents Vol.20 『田園に死す』

寺山修司・没後25周年公演
劇団☆A・P・B-Tokyo Presents Vol.20
『田園に死す』


2008.12.11(木)-15(月)
ザムザ阿佐谷


時代を超越して今なお疾走し続ける寺山修司の名作『田園に死す』。
劇団初上演から2年を経て、再び阿佐ケ谷での第2弾公演!


Apb_tokyo_2
画/智内兄助

寺山修司  構成・演出高野美由紀+East 10th Street

音楽J・A・シーザー

出演高野美由紀 マメ山田 野口和彦 福谷誠治 西尾百合子 川上史津子 中村天誅 
七雪ニコ 岡田麻里絵 高橋祐子 峰安さをり 辻真梨乃 たんぽぽおさむ 平垣温人
村井優之 東恩納笑子 点滅(舞踏家) 高橋理通子(舞踏家) マークセバスチャンジョーンズ
馬場ローア 椿正範(三味線) 本田浩平(三味線) 浅野伸幸 他

続きを読む "寺山修司・没後25周年公演 劇団☆A・P・B-Tokyo Presents Vol.20 『田園に死す』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/10

谷口広樹展 『融通無碍』

谷口広樹展 『融通無碍』

2008年11月24日(月・祝)-11月29日(土)
シロタ画廊


「ゆうずうむげ」=何ものにもとらわれることなく自由である・こと(さま)。
「融通」=その場その場で適切な処置をとること。また、とどこおりなく通ずること。
「無碍」=何ものにも妨げられないこと。何の障害もないこと。また、そのさま。
常に融通無碍でありたいという作家の、最新個展を銀座シロタ画廊にて開催!

Hirokitaniguchi
「気がつくとみんな息づいている」2008 36.0x26.0cm acrylic on paper

続きを読む "谷口広樹展 『融通無碍』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Book of genome DNAコンテンポラリー・ダンスとAyuoの音楽

Book of genome
DNAコンテンポラリー・ダンスとAyuoの音楽


2008.11.25(火)
公園通りクラシックス


DNA、ゲノム、そして古代神話からのコンセプトを中心に創作したダンス。

Book_of_genome

ダンス:高瀬多佳子 松永雅彦 松本直子 三田瑤子 中澤ひかり 崎山利奈

ギター・歌・台本・作詞:Ayuo

続きを読む "Book of genome DNAコンテンポラリー・ダンスとAyuoの音楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/06

ひびのこづえ展 2LDK星

ひびのこづえ展
2LDK星


2008.11.14(金)-12.25(木)
GELLERY A4(ギャラリーエークワッド)


ひびのさんの事務所の間取りでもあるという2LDK。
その事務所から生まれた物達を全部広げて、
2LDK星(せい)と名付けた展覧会を開催!

2ldk

アーティストトーク
11.28(金)18:30~20:00
講師 ひびのこづえ 聞き手 川北英

ワークショップ「クリスマスエコバッグをつくろう」
11.29(土)10:00~16:00
講師 ひびのこづえ 要申込み(中学生以上)

ダンスパフォーマンス
12.20(土)14:30~/16:30~
出演:ダンサー 森山開次、作曲家 川瀬浩介

続きを読む "ひびのこづえ展 2LDK星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氾濫するイメージ―反芸術以後の印刷メディアと美術1960's-70's

氾濫するイメージ
―反芸術以後の印刷メディアと美術1960's-70's


2008年11月15日(土)~2009年1月25日(日)
うらわ美術館


アングラ演劇や舞踏、さらには安保闘争、学園紛争といった
時代風景をもつ日本の1960年代から70年代を、
その時代のアート・シーンを象徴する作家作品を通して映し出す。

Urawa

出品作家
赤瀬川原平 (オブジェ・ポスター・原画)
粟津潔 (ポスター・装丁・版画)
宇野亜喜良 (ポスター・装丁)
木村恒久 (フォト・モンタージュ・原画)
タイガー立石 (絵画・版画・原画)
横尾忠則 (ポスター・装丁・絵画・原画)
中村宏 (ポスター・装丁・絵画・原画)
つげ義春 (ねじ式)


ギャラリートーク開催日程
11/23(日)、12/7(日)・21(日)、2009.1/11(日)・25(日)各回14:00~

続きを読む "氾濫するイメージ―反芸術以後の印刷メディアと美術1960's-70's"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/05

加藤訓子パーカッションアーツ公演

加藤訓子パーカッションアーツ公演

2008年11月9日(日)
アートフォーラムあざみ野

ワークショップ&ソロコンサートインあざみ野(横浜市民ギャラリーあざみ野)事業の一環として加藤訓子パーカッションアーツと題したソロコンサートを開催!

Kns_499
(c)michiyuki ohba

出演:加藤訓子・ソロパーカッション
曲目:ヤニス・クセナキス 「ルボン」、加藤訓子 プラネット(さまよう人)より「天動説」、加藤訓子「Roots of MA・RIMBA」、てぃんさぐぬ花(沖縄民謡:加藤訓子編)、グルジアン・ソング(グルジア民謡:加藤訓子編)、フレデリック・ジェフスキ「To the Earth」 ※曲目は変更される場合があります

続きを読む "加藤訓子パーカッションアーツ公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

『デザインのシュウカクサイグ-ローカル・デザインの種をまく』

東北芸術工科大学で地域デザインを語る
デザインのシュウカクサイ
~グローカル・デザインの種をまく


2008年11月15日(土)
東北芸術工科大学

「グローカル」とは、”地域性(=ローカリティ)と地球全体(=グローバリティ)を合せた造語です。あえてローカルな場所を拠点に活動しながら活躍の幅をひろげるデザイナーたちが、それぞれの立場から“土地に根ざしたデザイン”の流儀を語っていきます。

Photo
プログラム

---------------------------------------------

●大学から~13:00-14:00
「地域言語としてのデザイン」
坂東慶一(グラフィックデザイナー/東北芸術工科大学准教授)
宮本武典(東北芸術工科大学主任学芸員)


●ビジネスの現場~14:00-15:00
「grafとLandscape Productsのモノつくりの伝えかた」
中原慎一郎(デザイナー/ランドスケーププロダクツ代表)
服部滋樹(デザイナー/graf代表)


●地場産業を訪ねて~15:30-16:30
「著書〈エフタイルの仕事〉の出版で伝えたかったこと」
F/style(デザインユニット/五十嵐恵理+星野若菜)


●それぞれの立場で~16:30-17:30
「“デザイン力”で地域の魅力を掘り起こす」
パネリスト/中原慎一郎 服部滋樹 F/style 坂東慶一 宮本武典
オブザーバー/酒井忠康(美術評論家/世田谷美術館館長)
中山ダイスケ(アーティスト/東北芸術工科大学教授)

続きを読む "『デザインのシュウカクサイグ-ローカル・デザインの種をまく』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »