« 宮川隆 『into Ocean』展 | トップページ | 加藤智大『desolate world』と高橋敦『thank you for being』 »

2008/10/06

手塚治虫生誕80周年記念 手塚治虫アカデミー

東京文化発信プロジェクト
手塚治虫生誕80周年記念
手塚治虫アカデミー

平成20(2008)年11月2日(日)-11月3日(月)
江戸東京博物館

多彩なゲストと共に日本のマンガ、アニメ文化の
いまと未来を楽しみながら考える連続シンポジウム開催!

T_omote72
入場無料(全席自由)各回定員400名 事前申込み

【プログラム】------------------------------------
〔第1期〕ナビゲーター 手塚眞/司会進行 さとう珠緒


11月2日(日)14:00〜16:30
❶手塚エンターテインメント

映画に比類するエンタテインメントとしてのマンガ。
その成立を手塚マンガより検証し、マンガ
独自のエンタテインメント論を展開する。
●藤子不二雄Ⓐ ●浦沢直樹 ●呉智英  ほか(予定)

11月3日(月・祝)13:00〜15:30
❷アトムの時代〜SFか科学か

SFマンガを日本に根付かせた手塚治虫。
ロボットなど現代の技術に与えた影響は大きい。
はたして手塚マンガは日本を変えたのか?

●富野由悠季 ●荒俣宏 ●大森一樹 ●石上三登志

11月3日(月・祝)16:30〜19:00
❸女性マンガの世界

女性マンガという世界にも稀な文化を形成した日本。手塚マンガの役割を読み解く。

●里中満智子 ●萩尾望都 ●手塚るみ子 ●藤本由香里

※〔第2期〕平成21(2009)年4月開催予定

手塚治虫生誕80周年記念 手塚治虫アカデミー
平成20(2008)年11月2日(日)-11月3日(月)
江戸東京博物館 1Fホール

主催=東京都/財団法人東京都歴史文化財団/東京都江戸東京博物館
後援=読売新聞社
企画・制作=手塚プロダクション
プロデュース=手塚眞
制作協力=アタマトテ・インターナショナル

参加方法
往復はがきにて、[1]参加希望プログラム(1枚のはがきにつき1プログラム)[2]参加希望人数(2名まで)[3]代表者名[4]住所[5]電話番号を明記し、復信はがきにご自身のご住所、お名前をご記入のうえ、お申し込みください。
※申込多数の場合は抽選となります。

申込〆切
2008年10月15日(水)当日消印有効

申込先
〒169-8575 東京都新宿区高田馬場4-32-11
手塚プロダクション「手塚治虫アカデミー」係
※車いす席をご希望の方は、その旨をお知らせください。

お問合せ
アタマトテ・インターナショナル
TEL.03-5453-2911

江戸東京博物館
〒130-0015 東京都墨田区横綱一丁目4番1号
TEL.03-3626-9974(代表)

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp

|

« 宮川隆 『into Ocean』展 | トップページ | 加藤智大『desolate world』と高橋敦『thank you for being』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/42704390

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫生誕80周年記念 手塚治虫アカデミー:

« 宮川隆 『into Ocean』展 | トップページ | 加藤智大『desolate world』と高橋敦『thank you for being』 »