« 粟津潔展 | トップページ | 『日本昔ばなしのダンス』 近藤良平/森下真樹 »

2008/09/19

寺山修司◎劇場美術館

寺山修司 劇場美術館
1935~2008
「自分さがし」と「世界さがし」

9月13日(土)~10月19日(日)
郡山市立美術館

没後25年、奇才・寺山修司の全貌が明らかにされる前代未聞の展覧会!

Terayama_5

歌人、詩人、劇作家、映画監督、競馬評論家、演劇実験室・天井棧敷主宰者など、様々な肩書きをもち、自らの職業を「寺山修司」としていた寺山修司(青森県生まれ 1935~1983)。彼の自筆原稿から生前に出版された全著作、それに天井棧敷の資料までをも紹介する空前の展覧会です。

〔関連イベント〕
●寺山修司映像詩上映
●特別公演演劇実験室・万有引力「100万光年の彼方劇=劇的小道具序説」
●根本豊のときどき公開ワークショップ&万有引力公演体験参加

2008年9月13日(土)~10月19日(日)
郡山市立美術館 企画展示室

開館時間=午前9時30分~午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで)
※毎週月曜日休館
<9月15日(月・祝)は開館、翌日休館。10月13日(月・祝)は開館、翌日休館>
観覧料=一般800円 (640)円 高・大学生500(400)円
※( )内は20名以上の団体料金。中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。

○お問合せ・展示詳細については
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/

○演劇実験室・万有引力の詳細については
http://www.banyu-inryoku.net/main/main.htm

郡山市立美術館
〒963-0666
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
TEL 024-956-2200

|

« 粟津潔展 | トップページ | 『日本昔ばなしのダンス』 近藤良平/森下真樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺山修司◎劇場美術館:

» ときおりの休息  十一のおまけ  100万光年の彼方 [王様の千と線]
ゆうべは、夜の森の美術館で遊んだのか遊ばれたのか。 こんなところで、こんなところが、わたしと遊んでくれた。 山の庭にはJ.A.シーザーの音楽が流れている。 つるっぱ頭で白いお化粧をした、裸の男たちは黒いはかまをはいていて、 美術館の、平たい岩が敷き詰められた広い庭を駆け回る。 ガラス張りの美術館にその影が躍る。 観ているこちらに近づくと、甘い芝居化粧の匂いがしていい気持ち。 はかまを手でたぐって走ると、白い足に白いおしり。 下穿き(ぱんつ)も着けていない。 ゆっくりとゆ... [続きを読む]

受信: 2008/10/07 00:04

« 粟津潔展 | トップページ | 『日本昔ばなしのダンス』 近藤良平/森下真樹 »