« パパ・タラフマラ新作公演 ガリバー&スウィフト | トップページ | シーノタカヒデ 個展 アフリカの風 2008 »

2008/09/12

“どこでもスクリーン”第1回上映会 『十二人の写真家』

“どこでもスクリーン”第1回上映会 『十二人の写真家』 (1955年/49分)

2008年9月21日(日)
Art Center Ongoing(吉祥寺)

12photo_still01_7

『十二人の写真家』は、戦後写真ブームのまっただなか、一線で活躍する写真家12人の撮影風景をとらえた、1955年制作のドキュメンタリー映画。監督は当時28才の勅使河原宏(美術家/映画監督/草月流三代家元)、企画は亀倉雄策(グラフィックデザイナー)。

このフィルムでは、スナップの名手木村伊兵衛、リアリズム写真の土門 拳をはじめ、女性写真の大家秋山庄太郎、文士の撮影で知られる林忠彦など、レジェンドたちの撮影風景を垣間見ることができ、そこには被写体への思い、ときには好きな食べものなど、写真家それぞれの思いが述べられています。
写真を撮りながら映画に撮られる彼らの姿は、「撮ること」の不思議さそのものをあらわしているのかもしれません。写真が好きなすべての人に。

毎回、場所と作品を変えながら開かれる上映会、

“どこでもスクリーン”第1回は、『十二人の写真家』。

Dokodemo_flr02_3

2008年9月21日(日)
13:00~/16:00/18:00~/21:00~(4回上映)
Art Center Ongoing

公式サイト 
http://www.assortment.jp/dokodemo/

監督=勅使河原宏(『砂の女』『利休』)
企画=亀倉雄策
製作=永井嘉一
撮影=御木本良

解説=吉田謙司
出演=木村伊兵衛/三木淳/大竹省二/秋山庄太郎/林忠彦/真継不二夫/
早田雄二/濱谷浩/稲村隆正/渡辺義雄/田村茂/土門拳(登場順)
主催=どこでもスクリーン
配給=ポレポレ東中野
提供=アポロコミュニケーション

※13:00~の回上映後、姫野希美さん(赤々舎代表)、
18:00~の回上映後、飯沢耕太郎さん(写真評論家)によるトークショーあり
※写真集、作家の評伝や自伝、評論など、この映画につながりのある本、写真に関連した本の販売も行います。


■チケット情報
1000円/前売800円 ※別途ワンドリンクオーダー制

前売券はOngoing店頭にて販売中。
お問い合わせ、ご予約はどこでもスクリーンまで。

dokodemo@assortment.jp

Art Center Ongoing(吉祥寺)
アートセンター・オンゴーイング  http://www.ongoing.jp/
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7
Tel/Fax:0422-26-8454

|

« パパ・タラフマラ新作公演 ガリバー&スウィフト | トップページ | シーノタカヒデ 個展 アフリカの風 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/42454351

この記事へのトラックバック一覧です: “どこでもスクリーン”第1回上映会 『十二人の写真家』:

« パパ・タラフマラ新作公演 ガリバー&スウィフト | トップページ | シーノタカヒデ 個展 アフリカの風 2008 »