« 香山リカ新刊、ズラッと刊行! | トップページ | project suara 新作 音響音楽詩 PARADISO »

2008/07/14

ジル・ジョバン「Text to Speech」

ジル・ジョバン
「Text to Speech」(テキスト・トゥ・スピーチ)

2008年7月21日(月・祝) 14:00開演 
山口情報芸術センター (YCAM) スタジオA

Tts1dorotheethebert_web_2
(c)Dorothee Thebert

1997年以降、ヨーロッパや南米を中心に公演を行ってきたジル・ジョバン。今年3月の初演でパリ市立劇場を満員にした新作「Text to Speech」を日本で始めてYCAMで上演します。

ジル・ジョバンは、他者と自己、性差、人間と物質という関係性を、身体を介してゲームのように表現する独自のアプローチと、ダンサーのユーモラスな動きを特徴として、世界各地で注目を集めています。

「Text to Speech」は、架空の紛争のを描く最新作です。パソコンに向かう6人の男女、張り巡らされたロープ、炎上するスクリーン…身体を取り巻く圧倒的に増幅された情報の中で、私たちは何を感じることが出来るのでしょうか。

【カンパニー ジル・ジョバン】
振付: ジル・ジョバン
音楽:クリスチャン・ヴォーゲル
照明デザイン:ダニエル・デモン
出演: ジャン=ピエール・ボノモ、ジル・ジョバン、リチャード・カボレ、
スン・イン・クオン、スザナ・パナデス・ディアス、
ルディ・ヴァン・デルメルヴェ
【日本公演】
舞台監督:上林英昭 ツアーマネージャー:桑原綾子
宣伝美術:片岡 香

チケット情報
any 会員先行予約開始 5月10日(土)
一般発売開始 5月17日(土)
[料金] 全席指定 
前売 一般 2,000円  any 会員/特別割引 1,700円
当日  2,300円  ※当日は割引の対象になりません。
http://www.ycfcp.or.jp/

主  催: 財団法人山口市文化振興財団
共  催:株式会社ワコールアートセンター
助  成:平成20年度文化庁芸術拠点形成事業
     スイス・プロ・ヘルヴェティア財団
     EU・ジャパンフェスト日本委員会
後  援:スイス大使館
企画制作:山口情報芸術センター(YCAM)、スパイラル
プロデューサー:四元朝子(YCAM)

東京公演  
7月25日(金)19:30開演/26日(土)14:00開演(各回30分前開場)
会場:スパイラルホール(スパイラル3F)
東京都港区南青山5-6-23 www.spiral.co.jp

|

« 香山リカ新刊、ズラッと刊行! | トップページ | project suara 新作 音響音楽詩 PARADISO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジル・ジョバン「Text to Speech」:

« 香山リカ新刊、ズラッと刊行! | トップページ | project suara 新作 音響音楽詩 PARADISO »