« The 5th SURF FILM FESTIVAL 2008 | トップページ | 「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク »

2008/06/05

『シャークウォーター 神秘なる海の世界』

『シャークウォーター 神秘なる海の世界』

6月28日(土)より渋谷Q-AXシネマにてモーニング・レイトショー

Petting_11
(C)2006 SHARKWATER PRODUCTIONS INC.


海の生態系を支え、4億年もの間、海の生物の中心的存在であったサメという存在。監督のロブ・スチュワートが追うのは、世間の人々が恐れを抱くサメの本当の姿だ。サメは現在、生息数が激減、世界的に保護が叫ばれている存在なのだ。原因のひとつはフカヒレ漁。密漁船からの妨害、銃やマフィアなど、様々な危険にさらされながらも、4年の歳月をかけ、400時間以上に及ぶフッテージを元に仕上げられた、美しくも力強い映画。

Dsc_3585
(C)2006 SHARKWATER PRODUCTIONS INC.

監督・脚本・制作:ロブ・スチュワート
エグゼクティブプロデューサー:サンドラ・キャンベル/アレクサンドラ・スチュワート/ブライアン・スチュワート
撮影  :ロブ・スチュワート   水中撮影:ロブ・スチュアート/ダディ・ハンナ
編集  :マイケル・クラーク/リック・モダン/チャック・ミラー/ジェレミー・スチュワート   音楽  :ジェフ・ロナ
2006年/カナダ/89分/カラー  提供 レイドバック コーポレーション
配給 グラッシィ
©2006 SHARKWATER PRODUCTIONS INC.
http://www.glassymovie.jp/sharkwater/

|

« The 5th SURF FILM FESTIVAL 2008 | トップページ | 「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/41432090

この記事へのトラックバック一覧です: 『シャークウォーター 神秘なる海の世界』:

» 言語に神秘などない [哲学はなぜ間違うのか?]
生物学でも、脳神経科学でも、あるいは、人類学、心理学、言語学、哲学など、言語につ [続きを読む]

受信: 2008/06/10 21:03

« The 5th SURF FILM FESTIVAL 2008 | トップページ | 「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク »