« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/27

山田せつ子ダンスセッションシリーズ「ふたり いて」

山田せつ子ダンスセッションシリーズ
ふたり いて

2008年8月1日(金)~3日(日)
吉祥寺シアター

構成・振付:山田せつ子
出演:山田せつ子/寺田みさこ

150dpi
           孤独であること

           異物になること

           目撃すること

           共振すること

山田せつ子と寺田みさこは、06年の『the two chairs』大阪公演、『ツナガレル』札幌公演、そして京都造形芸術大学では、ジュネの『恋する虜』を鋭く読み解き、身体を持って思考する2年越しの企画での公演を終えて、多くの時間を共有してきた二人。ふたつの身体の交差する場所で、新たな互いに出会います。

続きを読む "山田せつ子ダンスセッションシリーズ「ふたり いて」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」

所沢ビエンナーレ・プレ美術展
「引込線」

2008年8月27日(水)~9月12日(金)
会場:西武鉄道旧所沢車両工場

Press_3
Photo by Tadasu Yamamoto

所沢近郊の作家達が中心となり、地域に根ざした作家が主導する自主企画展「所沢ビエンナーレ」。今年は、来年本格的に始まるビエンナーレをひかえてのプレ展が開催します。さらに今回は西武鉄道旧所沢車両工場(所沢駅から徒歩2分)という立地に恵まれ、作家のみならず、書き手やキュレーターも参加します。是非足をお運び下さい。

続きを読む "所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/26

ティノ・セーガル「Kiss/キス」 参加ダンサー募集!!

★★★カップルで応募しよう!!★★★

ティノ・セーガル「Kiss/キス」 
参加ダンサー募集!!

今年9月13日(土)~11月30日(日)にかけて開催される「横浜トリエンナーレ2008」。参加アーティストのひとりで、世界的に活躍めざましいティノ・セーガルのインスタレーション作品「Kiss」へ参加する男女デュエットのダンサーを大募集しています。

第1回募集締め切りは7月31日(木)です。

作品の要素として、男女1組のダンサーがキスをします。高いハードルですが奮ってご応募下さいとのこと。「キスをし続ける行為を含むダンスが作品の主要素」(!)だそうです。非常にユニークなインスタレーション作品になりそうです!! 

詳しい募集要項はコチラから↓↓
「tino.pdf」をダウンロード

★★★

振付家でもあるティノ・セーガルは、世界各地で活躍している気鋭のアーティストです。さらに今回横浜で発表する「Kiss」は、アジア地域では初めての発表だそうです。彼の作品は、今回のように様々な人を使い、その身体の動きや声によってあるシチュエーションを作り出します。トリエンナーレ会場で繰り広げられる、ダンサーデュオのパフォーマンスから、どんなシチュエーションが浮かび上がってくるのでしょうか。

続きを読む "ティノ・セーガル「Kiss/キス」 参加ダンサー募集!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/25

珍しいキノコ大図鑑

珍しいキノコ舞踊団公演
珍しいキノコ大図鑑

珍しいキノコ舞踊団結成18周年を記念した
ザ・ベスト・オブ 珍しいキノコ舞踊団


2008年8月8日(金)~10日(日)
ル テアトル銀座 by PARCO

Senden9115_mayutan_2
photo : mayutan

珍しいキノコ舞踊団18周年(もうすぐ20周年!!)を記念して、ベスト版キノコの公演がル テアトル銀座で始まります! これまでの作品の中から選りすぐったシーンと新作シーンを集め、新メンバーとともにお届けする集大成的な公演です。舞台上はもちろん、色んなところへ飛び出してしまうかも? お見逃し無く!

続きを読む "珍しいキノコ大図鑑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イデビアン・クルー新作 排気口

イデビアン・クルー新作

排    気    口 
H A I K I K O

2008年8月22日(金)~24日(日)
世田谷パブリックシアター

振付・井手茂太

*******************

部屋の中から外へ
心の内も外へ

外が内

吸う人
吸われる人

出口を探している人

_at_1164
「政治的」より 2007年 @吉祥寺シアター 
photo:青木司



昨年話題をさらった「政治的」も記憶に新しい、イデビアン・クルーの新作公演。今回は普段あまり舞台に登場しない井手が約三年振りに出演。さらにドイツからザ・フォーサイス・カンパニーの安藤洋子を迎え、個性溢れるクルーのダンサー達と共に踊ります。

続きを読む "イデビアン・クルー新作 排気口"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/24

ミクニヤナイハラプロジェクトvol.4『五人姉妹』準備公演

ミクニヤナイハラ プロジェクト vol.4
『五人姉妹』準備公演


作・演出・振付:矢内原 美邦

2008年7月9日(水)~13日(日)
こまばアゴラ劇場
Photo
撮影:佐藤暢隆

出演:稲毛礼子、笠木 泉、高山玲子、三坂知絵子、光瀬指絵、山本圭祐

人は生きているから習慣を習得できる。生きてゆこう、
白い記憶のなかで、赤いスリッパをはいて、
故郷がどこにあるのかもわからないけど、
確かに故郷を思って『ララララ♪』と五人姉妹で歌うよ。

前作『青ノ鳥』が岸田戯曲賞の最終候補作品となり、ダンス界のみならず演劇界からも注目を集めるミクニヤナイハラプロジェクトの最新作『五人姉妹』の準備公演がこまばアゴラ劇場にて行われます。

続きを読む "ミクニヤナイハラプロジェクトvol.4『五人姉妹』準備公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画館で白井剛のダンスを見る!

ノクタルーカと灯虫の冒険

九条大宮
京都みなみ会館

7月5日(土)
7月6日(日)

構成・演出・振付・映像・出演:白井 剛

A4_omote_l
ノクタルーカは夜光虫。
ひむし、灯に舞焦がれ。
映写幕に灯らされて、
滲むシネマの身体。

京都・東寺の近く、独自の企画を打ち出し続ける映画館「京都みなみ会館」でのダンス公演。本作品はこれまで舞台芸術においてさまざまな表現を試みてきた白井剛が、初めて映画館を舞台に行う公演です。映画とダンスの新たなコラボレーションのカタチ。

続きを読む "映画館で白井剛のダンスを見る!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/23

輝く未来 試演会 「0808」

輝く未来 試演会 「0808」

2008年8月1日(金) 、2日(土)

桜美林大学プルヌスホール 

Img_2219_2
伊東歌織振付作品「グルムシ」より
©片岡陽太

伊藤キム主宰「輝く未来」の試演会です。今回は新しくメンバーに加わった5人が小作品を作ります。来年の3月に吉祥寺シアターにて行われる本公演に向けて、新しい「未来」を体感してみてください。


輝く未来 試演会 「0808」

日時 2008年8月1日(金) 19:30開演、 
    2日(土) 14:30開演/18:30開演 
    (開場は開演の20分前)

会場 桜美林大学プルヌスホール 

〒229-0006 神奈川県相模原市淵野辺4-16-1 桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス内 PRUNUS HALL 

TEL:042-704-7133

続きを読む "輝く未来 試演会 「0808」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/18

遂に劇場公開!! 映画『Hot Fuzz』

呼ばれてないけど、参上。

『ホット・ファズ - 俺たちスーパーポリスメン!-』 

7月5日(土) 渋谷シネマGAGA!他全国順次、ホットにロードショー

Hotfuzz_image_2
(C)2006 Universal Pictures International.ALL RIGHTS RESERVED.

2008年。“映画「Hot Fuzz」の劇場公開を求める会”によるネット上での熱烈な署名運動により遂に劇場公開が決定!! 本国イギリスでは3週連続NO.1!! 『ショーン・オブ・ザ・デッド』の監督・脚本家が贈る超待望のポリスアクション・コメディ!!

続きを読む "遂に劇場公開!! 映画『Hot Fuzz』"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/06/17

シス・カンパニー公演 人形の家

シス・カンパニー公演
人形の家

2008年9月5日(金)~9月30日(火)

Bunkamuraシアターコクーン

Ca4lqb09_2 

デヴィッド・ルヴォーが大胆かつ精緻な洞察を注ぐイプセン『人形の家』
宮沢りえ・堤真一ら、魅力溢れるキャスト陣と共に、
21世紀の今だからこそ見えてくる、この戯曲の真実に迫る!

続きを読む "シス・カンパニー公演 人形の家"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/12

特集:遠藤一郎×愛☆まどんなインタビュー②

Vol2

続きを読む "特集:遠藤一郎×愛☆まどんなインタビュー②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森下真樹 新作公演 「うず巻」

TOKYO DANCE TODAY #3
森下真樹
新作
『うず巻』
MAKI-NO-UZU-MAKI

構成・演出・振付:森下真樹

青山円形劇場
7月17日(木)/18日(金)/19日(土)

Uzumaki_flyer_image

2003年初ソロ作品「デビュタント」にて
衝撃のデビューを果たしてから5年。
様々な出会いとチャンスに恵まれ、自身の作品創造だけでなく、
多種多様な公演に出演してきた森下真樹が、
出演者に、まことクラヴの遠田誠、
埼玉ゴールドシアターに出演した北澤雅章を迎え、
新作「うず巻MAKI-NO-UZU-MAKI」をひっさげて
ついに青山円形劇場に登場!!

続きを読む "森下真樹 新作公演 「うず巻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金野邦明プラスチックモード公演

金野邦明プラスチックモード公演
『トリスタンとイゾルデ』

7月11日(金)
シアターX

Konno_2

中世の物語によるアブストラクトダンス。

[金野邦明]
舞踊家。自らの創作と各種舞台に出演。舞踊の音楽も自ら創作。音楽家との共演も多数。コンピュータによる音、映像を舞踊へ用いていたが、最近はアナログ志向に変わりつつある。

続きを読む "金野邦明プラスチックモード公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/11

特集:遠藤一郎×愛☆まどんなインタビュー①

Vol21

続きを読む "特集:遠藤一郎×愛☆まどんなインタビュー①"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シャッターチャンス祭り」「男子」につぐ傑作三部作!

2008年6月17日(火)~7月21日(月祝)
梅佳代展「じいちゃんさま」

リトルモア地下

Banana

トークイベント、サイン会あります!

アーティストトーク 7月4日(金)
梅佳代×祖父江慎(デザイナー)

スライドショー&サイン会 7月18日(金)
梅佳代による展示・写真集未収録写真公開実況中継

大ブレイクを果たしたみんなの「うめちゃん」こと梅佳代さんが今年もリトルモア地下に帰ってくる! 今回のテーマは梅さんのもっとも尊敬する“じいちゃんさま”。写真を始めた高校生のころ、まず最初にカメラを向けたのは目の前にいたじいちゃんでした。三世代が一緒に暮らした雪深い柳田村(石川県)で育った梅さんは、今も時間を見つけて帰省しては“じいちゃんさま”を追いかけます。このじいちゃんにして梅佳代アリ! 同名写真集刊行を記念して梅家総出演の梅佳代的ファミリーポートレートを展示いたします。

******************

続きを読む "「シャッターチャンス祭り」「男子」につぐ傑作三部作!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

フリーペーパー「dictionary」20周年記念イベント!

CLUBKING dictionary 20th ANNIVERSARY CELEBRATION
CLUBKING LIMITED STORE
BUT UNLIMITED GOOD STUFF

原宿LAPNET SHIP
6/17(火)→7/6(日)

Img_7382

フリーペーパーの草分け的存在「dictionary」20周年記念イベント!
20年間溜まりにたまったお宝を大放出!!


桑原茂一主宰、クラブキングが発行するフリーペーパー「dictionary」がなんと今年で20周年になります。これを記念して立体版dictionaryをイメージしたショップが限定オープンです! 

続きを読む "フリーペーパー「dictionary」20周年記念イベント!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特集:石井裕也監督×柴田剛監督トークショー

1_2

続きを読む "特集:石井裕也監督×柴田剛監督トークショー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク②

蜷川有紀 絵画作品展 -薔薇めくとき-
Anniversary 30th as an actress

Bunkamura Galleryにて、
展覧会会期中の5月31日(土)に行われました
ギャラリートークの模様(後半)を配信します!

【ギャラリートーク】
日時:5/31(土) 14:00~

蜷川有紀氏×稲越功一氏(写真家)×榎本了壱(クリエイティブ・ディレクター)

podcast配信中! ↓↓
http://komu-komu.air-nifty.com/pod/

続きを読む "蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/06

蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク①

蜷川有紀 絵画作品展 -薔薇めくとき-
Anniversary 30th as an actress

Bunkamura Galleryにて、
展覧会会期中の5月31日(土)に行われました
ギャラリートークの模様を配信します!

【ギャラリートーク】
日時:5/31(土) 14:00~
親交熱いお三方によるスペシャルトーク
蜷川有紀氏×稲越功一氏(写真家)×榎本了壱(クリエイティブ・ディレクター)

podcast配信中! ↓↓
http://komu-komu.air-nifty.com/pod/

続きを読む "蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク①"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「横浜フランス ヴィデオ コレクション2008」

「横浜フランス ヴィデオ コレクション2008」

2008 年6月27 日(金)~7月6日(日)
横浜赤レンガ倉庫1号館

Pascal_lievre_abba_mao
パスカル・リエーヴル『abba mao』

今回の横浜赤レンガ倉庫1号館にて行われる展覧会は、6月が「横浜フランス月間」であることにちなみ、フランスからキュレイターを迎え、ヴィデオアートの最先端を紹介します。展覧会の入場料は無料なので、ぜひ足を運んでみてください。(※講演・上映会は有料)

続きを読む "「横浜フランス ヴィデオ コレクション2008」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/05

「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク

『晴れたり曇ったり』上映会+トークショー

「大岩オスカール夢みる世界」展の開催にあわせて、松蔭浩之、会田誠、大岩オスカール、小沢剛、パルコキノシタ、有馬純寿の6名の「昭和40年会」による伝説のムービー『晴れたり曇ったり』の上映会+トークが開催されます!

Photo_2
(c)昭和40年会

■『晴れたり曇ったり』上映会+トークショー〔松蔭浩之×玉利祐助〕■
日時:6月21日(土)午後3時~5時(会場は開始30分前)
場所:東京都現代美術館 地下2階 講堂
定員:200名
料金:無料 *当日は午前11時よりメインエントランス付近にて整理券を配布いたします。

<あらすじ>
祖父、剛(小沢剛)が亡くなった。愚痴っぽくなった祖母スミ(有馬純寿)、全盲の、町工場経営者である父、正道(土佐正道)、美大卒業後、就職モラトリアム中の息子ヒロ(松蔭浩之)、新宿のデパートに勤める姉マコ(会田誠)の一家は、どこか心に空虚さを抱えて過ごしていた。そんな中、ある日父は自殺しようとしていた子連れ女性、ハル子(パルコキノシタ)に出会い、家に迎え入れる。猛反発する家族。そしてマコは秘密を持つことになり…。
ばらばらになろうとする家族はどうなるのか、昭和40年会が総力を結集して真面目にお送りするホームドラマです。1999年に製作、発表されました。
カメオ出演(?)、ゲストも宇治野宗輝はじめ豪華です!

続きを読む "「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シャークウォーター 神秘なる海の世界』

『シャークウォーター 神秘なる海の世界』

6月28日(土)より渋谷Q-AXシネマにてモーニング・レイトショー

Petting_11
(C)2006 SHARKWATER PRODUCTIONS INC.


海の生態系を支え、4億年もの間、海の生物の中心的存在であったサメという存在。監督のロブ・スチュワートが追うのは、世間の人々が恐れを抱くサメの本当の姿だ。サメは現在、生息数が激減、世界的に保護が叫ばれている存在なのだ。原因のひとつはフカヒレ漁。密漁船からの妨害、銃やマフィアなど、様々な危険にさらされながらも、4年の歳月をかけ、400時間以上に及ぶフッテージを元に仕上げられた、美しくも力強い映画。

続きを読む "『シャークウォーター 神秘なる海の世界』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/04

The 5th SURF FILM FESTIVAL 2008

LAID BACK CORPORATION
PRESENTS
The 5th SURF FILM FESTIVAL 2008

渋谷Q-AX    
6月21日(土)~  
新宿K’s Cinema  
7月5日(土)~

Down_the_barrel1
映画「DOWN THE BARREL」より


伝説のサーフィン映画から最新の話題作まで、数十年に渡り様々なサーフィン映画を集めてきたレイドバックのライブラリーを一挙公開。ケリー・スレーターやロブ・マチャドらの生活を追った『Down the Barrel』やバートン・リンチプロデュースの超人気ボード系TV番組の映画化『Ra-X boarders-』などの超最新作に加え、『Endless SummerⅡ』『STEP INTO LIQUID』『Band on the Run』などの伝説的名作まで、11作品を渋谷Q-AXシネマ・新宿K’sシネマにて上映。また、9月にはワーナー・マイカル・シネマズ茅ヶ崎でも開催されます。


◆6月21日(土)から 渋谷Q-AXシネマにてレイトショー(21:10~)
 
http://www.q-ax.com/
<上映作品>
『ダウン・ザ・バレル』――――6月21日22日27日
『ラ・エックス・ボーダーズ』――6月23日24日
『バンド・オン・ザ・ラン』―――6月25日26日

◆7月5日(土)から 新宿K'sシネマにてレイトショー(20:55~)
  
http://www.ks-cinema.com/index.html
<上映作品>
『エンドレスサマー2』―――7月5日6日7日
『オーシャン・トライブ』―――7月8日9日
『ドルフィン・グライド』―――7月10日11日
『クリスタル・ボイジャー』―――7月12日13日14日
『サイコ・ビーチ・パーティー』―――7月15日16日
『サーフ・アドベンチャーズ』―――7月17日18日19日
『ビラボン・オデッセイ』―――7月20日21日22日
『ステップ・イントゥ・リキッド』―――7月23日24日25日

続きを読む "The 5th SURF FILM FESTIVAL 2008"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMA旬ダンスvol.2「踊りん坊侍セカンド」

IMA旬ダンスvol.2「踊りん坊侍セカンド」
踊りん坊侍が帰ってきた。今年も4人の踊りん坊侍が、肉体を切り裂くパフォーマンスで勝負する!

2008年6月6日(金)、7日(土)
会場:光が丘IMAホール

Cagbehgb_2

●中村隆彦&チャーハン

「♪lie lie lie ♪」
何が嘘で何が真実か… 軽い嘘に重い嘘、嘘が3つで♪lie lie lie

●能美健志&ダンステアトロ21

from point to point」〜改訂版〜
(初演:20037月 メルパルクホールにて)

●新上裕也

XXX(トリプルエックス)」

●楠原竜也/APE

「み」

続きを読む "IMA旬ダンスvol.2「踊りん坊侍セカンド」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/03

ダンスシード2008

わたくしの森羅万象―習作・試作から作品へ
ダンスシード2008

ブリックワン
2008年6月6日(金)~22日(日)

Omote
©芹沢啓二 Keiji Serizawa

創られたダンスにいったい何の価値があるのか。

その価値を動脈を辿るように問い続けなければ、

シード(種)はダンスに見向きもしない。

習作・試作から作品へ、ブリック・ワンのブナ材の床に

強烈に秘め潜んだエネルギーの種が蒔かれる。

総勢30余名によるソロ、デュオ、トリオ、クワルテット公演。

続きを読む "ダンスシード2008"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/02

佐原和人 Behind Yourself

佐原和人 Behind Yourself
2008.7.11.[FRI]〜2008.9.4.[THU]

H.P.FRANCE WINDOW GALLERY

Walk
“Walk” (380×455mm) アクリル、メディウム、綿布/2005年


水溶性の画材に水をたっぷり含ませて、都市の日常に埋もれた名もない風景や人々をシルエット状に描いてきた佐原ですが、彼独自の手法はそのままに、本展では、「東京八景 其の弐」と題した新作群、大小様々なサイズの17点を一堂に展示致します。また、都市風景の中に在る無数の「窓」を、日頃から静かに観察してきた佐原らしく、ギャラリースペースを文字通り「窓」として捉えたユニークな展示を行います。振り返ってみる。ただそれだけで、今まで気付かなかった別世界が広がっているかも知れません。

続きを読む "佐原和人 Behind Yourself"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

toi(トイ) presents 3rd 『あゆみ』

toi presents 3rd
あゆみ


2008.6.18[wed]-24[tue]
こまばアゴラ劇場

D0129106_10142327

まずは右足。
爪先で地面を蹴って、足の裏が宙を浮く。
すると前から母の声が聞こえてくる。
薄紅色の声に引かれて一歩前へ。

次に左足。
膝を少し曲げながら、太ももを持ち上げる。
すると後ろから父の匂いがかすかに漂う。
大きな手に押されて一歩前へ。

もう一度、右足。
ゆっくり手を振り、少し顎をひく。
すると横にあなたがいることに気がつく。
静かな息づかいに寄り添ってもう一歩前へ。

これまでずっとそうしてきた。
これからもずっとそうしていく。

あゆみが止まるそのときまで。

続きを読む "toi(トイ) presents 3rd 『あゆみ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »