« 「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク | トップページ | 蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク① »

2008/06/06

「横浜フランス ヴィデオ コレクション2008」

「横浜フランス ヴィデオ コレクション2008」

2008 年6月27 日(金)~7月6日(日)
横浜赤レンガ倉庫1号館

Pascal_lievre_abba_mao
パスカル・リエーヴル『abba mao』

今回の横浜赤レンガ倉庫1号館にて行われる展覧会は、6月が「横浜フランス月間」であることにちなみ、フランスからキュレイターを迎え、ヴィデオアートの最先端を紹介します。展覧会の入場料は無料なので、ぜひ足を運んでみてください。(※講演・上映会は有料)


【プロミラミングキュレイター プロフィール】
Est-ce une bonne nouvelle

フランスや海外のヴィデオアーティストのプロデュース、配給をするフランスのアートNPO。講演会や上映会等も積極的に開催しています。
www.estceunebonnenouvelle.org/

Synesthésie
ニューテクノロジーや現代アートの分野で、幅広いネットワークを持つフランスのアートNPO。オンライン上のバーチャルなアート空間を、アーティストの作品公開のツールとして利用し、ヴィデオやインタラクティヴ作品を紹介すると共に、実験的、先駆的な活動を続けています
http://www.synesthesie.com/

スティーヴン・サラザン
フリーランスキュレイター。ヴィデオアートおよび映画評論家で、フランスの「カイエ・デュ・シネマ」やアート専門誌「Turbulences vidéo」の雑誌等に寄稿。本分野でのフランスと日本をつなぐ架け橋として、重要な役割を担っている人物の一人です。

クリスティアヌ・カヴァラン=カルリュ
フランス・ナント市美術学校にてヴィデオアートの教鞭を取る。同校と金沢美術工芸大学の共同ビデオ制作プログラム責任者。

会期
【展覧会】
2008 年6月27 日(金)~7月6日(日)11:00~19:00(入場は18:30 まで)
【講演・上映会】(フランス語・逐次通訳付/予約不要。当日直接会場へお越し下さい)
(1)6 月28 日(土)16:00~18:00
パネリスト:ヴェロニク・バラニ(Est-ce une bonne nouvelle/本展キュレイター)
クリスティアヌ・カヴァラン=カルリュ(ナント美術学校)
(2)6 月29 日(日)16:00~18:00
パネリスト:アンヌ=マリー・モリス(Synesthésie/本展キュレイター)
スティーヴン・サラザン(本展キュレイター)
パルカル・リエーヴル(出品アーティスト)
リディ・ジャンディパネル(出品アーティスト)

料金 :展覧会 無料/ 講演・上映会 各日 一般800 円、日仏学院会員500 円

会場 :横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース

助成 :Culturesfrance

協賛 :松下電器産業株式会社、agnès b、プジョー、TV5MONDE

後援:横浜市市民活力推進局、神奈川新聞社、tvk、RF ラジオ日本、FM ヨコハマ、横浜市ケーブルテレビ協議会

主催・お問い合わせ
横浜日仏学院:電話 045-201-1514 www.institut.jp
横浜赤レンガ倉庫1 号館 045-211-1515

|

« 「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク | トップページ | 蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/41442407

この記事へのトラックバック一覧です: 「横浜フランス ヴィデオ コレクション2008」:

» 自閉症の人とフランス人が大集合*オーバQナイト*横浜フランスビ... [ヘンかわおいしいお役立ち◎ARTLABOVAのブログ]
毎月第4か第5土曜日に、ARTLABOVA13坪のアートセンターで開催しているオーバの活動報告パーティー「オーバQナイト」。■オーバQ☆night今月は、オーバの常連の自閉症の人たちのほか、急きょ、赤レンガ倉庫で開催されている「横浜フランスビデオコレクション2008」からフラ...... [続きを読む]

受信: 2008/07/03 21:35

« 「昭和40年会」によるホームドラマ『晴れたり曇ったり』上映+トーク | トップページ | 蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク① »