« 森山大道の現在と未来 | トップページ | 横浜ダンスコレクションR 2009 コンペティション参加振付家募中!! »

2008/05/12

ストアハウスカンパニー 『箱-Boxes-2008』

STORE HOUSE COMPANY
ストアハウスカンパニー

箱-Boxes-2008

2008年5月21日[水]~5月27日[火] 
江古田ストアハウス

Image002
撮影:宮内勝

1994年、劇作・演出家木村真悟によって設立されたストアハウスカンパニー。本公演『箱-Boxes-2008』は、98年に初演、99年に新バージョンとして発表された『箱-Boxes-』の十年ぶりの上演になります。そのタイトルにある通り、「箱」は、箱が動き続ける芝居です。舞台に登場する人物が箱を動かしながら、あるいは動かされた「箱」が「壁」や「道」や「穴」や「門」となり、舞台は進行していきます。物と俳優の運動により現れた「身体」と、私たちを取り囲む見えない現実との対話を目的に創られた本公演に是非足を運んでみてください。

Image004
撮影:宮内勝

■ストアハウスカンパニー・プロフィール■

ストアハウスカンパニーは1994年に、劇作・演出家の木村真悟が設立。以来、既存の演劇の形式にとらわれず、現代演劇の新しい形式を模索し続けています。
 98年以降発表してきた『箱-Boxes-』『WANDERERS』『縄―Rope―』『Territory』『Remains』『Sanctuary』『Ceremony』の7作品は、俳優が台詞によって物語を構築し、その物語の登場人物を演じるのではなく、俳優の身体と舞台装置との絶え間ない「運動」によって舞台空間そのものを創り出しています。舞台装置は、俳優によって動きを変え形を変え、うごめき、舞台空間そのものも変容し続けます。俳優は舞台に生まれた「意味」や「物語」に安住することなく、そこに刻まれた「意味」や「物語」を曝け出すために、さらなる「運動」を続けます。
 99年の韓国・水原、2000年の韓国・ソウル、2001年のロシア・モスクワ、サンクトペテルブルク公演、2002年のカイロ国際実験演劇祭、ソウル・マージナルシアター・フェスティバル参加と、活動の場を海外にも拡げ、それぞれ大きな反響を呼びました。
 また、2002年は、マレーシアで活動を続ける、ダンダンシアタープロダクションとのコラボレーションによる『Territory』をフィジカルシアターフェスティバルにて上演いたしました。
 2004年1月には、ドイツ・スイス3都市(ケルン、フランクフルト、バーゼル)で公演。8月には韓国コチャン国際演劇祭に参加、2005年は、11月にフィジカルシアターフェスティバルに参加後、ソウル・マージナル・シアターフェスティバルに参加とますます活発に活動を続けています。
 2007年は6月~7月に『Remains』東京・インドネシア公演、9~10月に『Ceremony』ロシア5都市公演、11月に東京にて凱旋公演をいたしました。
 2008年は5月のこの公演の後、8~9月にヨーロッパ・ツァー、10月に3度目のロシア・ツァーを予定しています。


公演概要

団体名/ストアハウスカンパニー
タイトル/箱-Boxes-2008
構成・演出/木村真悟
出演/真篠剛 茂木夏子 永武有希子 打田智春 齋藤彩華 鈴木平人 春百合子 
会場/江古田ストアハウス
日程/2008年5月21日(水)~5月27日(火)
開演時間/平日  7:30 
       土曜日 7:30   
       日曜日 3:00
料金/予約・前売 ¥3,500  
        当日 ¥4,000 
前売取扱/ストアハウス TEL03-3954-7246 FAX03-3954-7258
            info@storehouse.ne.jp
                        http://www.storehouse.ne.jp
     イープラス  http://eplus.jp(パソコン&携帯)

前売開始/3月22日
照明/上川真由美
音響/Sound Cube
宣伝美術/写真:宮内勝 デザイン:吉田了介
制作/木村紀子 
助成/文化庁平成20年度芸術創造重点支援事業

|

« 森山大道の現在と未来 | トップページ | 横浜ダンスコレクションR 2009 コンペティション参加振付家募中!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストアハウスカンパニー 『箱-Boxes-2008』:

« 森山大道の現在と未来 | トップページ | 横浜ダンスコレクションR 2009 コンペティション参加振付家募中!! »