« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/30

<<レビュー>> 古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)ギグ@渋谷 O-nest

生くる言の波を増幅する音の波。
古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)を体験する。


2008年1月18日
KIASMA Vol.19 @渋谷O-nest
古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)


評=吉田アミ

Furukawa_3
photo:Wataru Umeda

言の葉ではなく、言の波のよう。
 
 
はじめて古川日出男の朗読パフォーマンスを体験した瞬時。そう思った。朗読? はたしてそれだけと言い切れるのか。口舌パフォーマンス? 違う。流転する言の波。だから、ロックンロールだ。それでいいと思っていたんだ。
 
 2008年1月18日。渋谷O-nest。この日の古川日出男の朗読パフォーマンスは一夜限りのスペシャルとして、音楽家の虹釜太郎、鈴木康文とのコラボレーションライブとなった。二人は『ハル、ハル、ハル』(河出書房新社)刊行のときに、記念して作られたリミックスアルバムを担当し、その楽曲の中で、古川日出男の朗読は二人の手によって響き、拡声され、裁断され、変形され、前後左右を縦横無尽に移動し、再構成され、音楽になり、解け合っていった。剥奪された意味の中で、朗読はヴォーカルだった。読者に読ませるだけでは飽き足らない古川日出男が導き出した、小説とは違う言葉のかたち。それが今回のパフォーマンスの礎になっているのは明らかだった。コラボレーションの名は古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)。

 第一声。間髪入れることなく、音。
観客のざわめきは一瞬にして潜める。

圧倒的だった。
その存在感。

 古川日出男の声に闘うように音が散乱する時、ほとんど奇跡のようにそこは古川日出男の物語の内であった。古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)の独壇場。私たちは固唾を呑んでステージを注視せずには居られない。ただ、耳を、眼を拓き、囂々と流れ込む音に声に叫びに意味に翻弄されていれば良かった。それが、とても心地好かったのだ。抗うな。と、音が飛び込んでくる。ざらついた、まとわりつくようなノイズ、異国のループ、寸断される電子音…それらが次第に融合するでもなく、霧散するでもなく、めいめいに、ほうぼうに、実に自由に。自在に。空間を占拠した。(・・・)

続きを読む "<<レビュー>> 古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)ギグ@渋谷 O-nest"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<<批評>> TIF'08 『スリー・スペルズ』

未知なるものへの跳躍

東京国際芸術祭2008

『スリー・スペルズ』
振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ、ダミアン・ジャレ
2008年3月21日(金)- 3月23日(日)
にしすがも創造舎特設劇場

Img_2868
(c)Arnold GROESCHEL

評=三橋 輝

 ダンスに何を求めるか。何とも身勝手な物言いから書き始めてしまったが、先日のダミアン・ジャレ+シェルカゥイのダンスを見て以来ずっとこの問いにつきまとわれていた。果たしてこの問いにはどのような答えが適切なのだろうか? 投げかけられた問いの向かう先が、発信者自身であるのだから、その答えを安易に他者から受け取ることはできないだろう。それに加えて、そもそもこれは「問い」の形を装ってはいるものの、十全に「問い」の形式を成していない。注視するまでもなく、この言葉は、結局のところただ一人の個人的な欲望に関わる話に過ぎないのだから。 
 例えば東京のストリートの片隅からパリのガルニエまで。世界中に在るダンスの数だけ、とりあえずのその答えはあるだろう。つまりはダンサーたちの数だけその欲望の答えはあるだろうし、逆の側、「観客たち」の方を見やれば、その視線の数だけ答えはあるだろう。要は、ダンスが世界に在る限り、その答えは幾度も幾度も繰り返し生成されていく。欲望の答えとはせいぜいがそのようなものだ。
 だが、時としてこうした欲望への返答は、投げかけられた欲望の対象を通り越して一つの同時代的なるものへのパースペクティヴを与えてくれることがある。その為には、まずは三つのダンスを振り返ってみなければならない。
 配布されたプログラムにはアルトーの言葉がエピグラフとして掲げられていた。「踊ること、それは神話を受け入れること、したがって神話を現実に換えることである。」この言葉が何を意味するのか? それは『スリー・スペルズ』という題の下に行われた三つのダンスが、アルトーの一義的な言葉通り「神話なるもの」を回収可能な物語へと変換=メタモルフォーズさせるというテーマに沿っていたということが言える。(…)

続きを読む "<<批評>> TIF'08 『スリー・スペルズ』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/28

大岩オスカール 夢みる世界

大岩オスカール 夢みる世界

2008年4月29日(火・祝)- 7月6日(日)
東京都現代美術館

Photo_2
《ガーデニング(マンハッタン)》 2002年 東京国立近代美術館蔵
《Gardening (Manhattan)》 2002
Collection of The National Museum of Modern Art, Tokyo
©Oscar Oiwa

1965年、ブラジルはサンパウロに生まれた大岩オスカールは、幼少時代からマンガや雑誌に親しみ、その非常にユニークな画風に影響を与えているように思われます。大胆な構図の中に、さらに大胆なモチーフやキャラクターを登場させる大岩の制作のテーマは多岐に渡ります。東京、そして現在制作活動の拠点とするニューヨークに住み、都市や廃墟、さらにはエコロジーまで、誰もが抱く素朴なイメージを用いて、豊かな物語を描き出してくれます。

続きを読む "大岩オスカール 夢みる世界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安西水丸+和田誠

安西水丸+和田 誠 AD-LIB

2008年5月7日(水)-5月17日(土)
SPACE YUI

Anzai

台本なし、つまり即興で描くという今回の二人展のコンセプト。安西水丸と和田誠、リズムを感じるふたりのAD-LIBをぜひ体感してみてください。

OPENING PARTY 初日5:00より

続きを読む "安西水丸+和田誠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡田智代「十六夜びろうど」

STスポット提携公演 岡田智代「十六夜びろうど」

5月9日(金)~10(土)【ダンス】

STスポット

Okada1_2

☆満ちていく月よりも欠けていく月に惹かれる。欠けていく部分は失われるわけではなく、闇となってそこにある。50歳を過ぎたとき、いつの間にか満月を通り過ぎていることに驚いた。少しずつ膨らんでいく暗闇。深く、濃く、なめらかで暖かい、びろうどのような。


岡田智代:1956年生まれ。幼少より踊る。二十歳を少し過ぎた頃、踊りから離れる。ダンスを封じ込めた身体を長い年月過ごした後、2002年よりソロ活動開始。STスポット、die pratze等、小スペースで作品を上映。2005年トヨタコレオグラフィーアワード・ファイナリストとして最終審査会に出場。ソロ活動の他、桜井圭介企画「南烏山ダンシング・オールナイターズ」に参加、まえだまなみ主宰「おやつテーブル」のメンバーとしてvol.1より参加。
身体の奥に潜むダンスを探り出す。静かに、容赦なく。

続きを読む "岡田智代「十六夜びろうど」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

アレッシオ・シルヴェストリン ダンス公演

Alessio Silvestrin
『DOCUMENT』
 

5/10(土),11(日)
セッションハウス

Alessio
Photo:Tsuyoshi Nakajima

日本を活動拠点のひとつにするアレッシオ・シルヴェストリンによるダンス公演とビデオ・インスタレーション。シルベストリンは、ベジャール・バレエ・ローザンヌやリヨン・オペラ座でダンサー、振付家として活躍。99年からはフランクフルト舞踊団に所属して活動するかたわら、日本を拠点に振付、ビデオ作品の発表など、多彩な活動をしています。

続きを読む "アレッシオ・シルヴェストリン ダンス公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Urwintore〈ウルヴィントーレ〉初来日公演

Urwintore<ウルヴィントーレ>初来日公演
The Investigation

BankART Studio NYK
2008年5月23日(金)から5月25日(日)

演出 ドルシー・ルガンバ

Olivier__leon__thomas__aimable__ken
Photo: Keith Pattison

1994年4月のルワンダでの大虐殺の歴史を実際に体験してきた演出家ドルシー・ルガンバは、その後虐殺をテーマにした演劇作品「Rwanda94」で世界的に高い評価を得てきました。今回の「The Investigation」は、アウシュヴィッツ裁判証言記録に基づいたペーター・ヴァイスの戯曲を自らの劇団Urwintoreで演出したものです。最終日には、工事中のBankART Studio NYKを特別開放し、アブドゥー・オウォログム(マリ共和国)、土取利行とのコラボレーションも行われます。

続きを読む "Urwintore〈ウルヴィントーレ〉初来日公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/23

ニック・ベルチュ ピアノ・ソロ公演 with イムレ・トルマン

ニック・ベルチュ ピアノ・ソロ公演 with イムレ・トルマン

2008年4月26日、27日
Pit Inn 新宿

P_nik1_2

P_imre1
photo: Volker Beushausen、Anna Katharina Frins


第一部 ニック・ベルチュ ピアノ・ソロ
第二部 ニック・ベルチュ (ピアノ) + イムレ・トルマン (舞踏)



ECMからRoninのニューアルバムをリリースするニック・ベルチュのピアノ・ソロに、大野一雄と野口体操の野口三千三に師事したイムレ・トルマンの舞踏のコラボレーション。スイス出身で日本に深い関係を持つ2人の競演に、我々はどう応えるのか。公演日迫る!

続きを読む "ニック・ベルチュ ピアノ・ソロ公演 with イムレ・トルマン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

ティーファクトリー/寺山修司没後25年特別公演 『毛皮のマリー』

毛皮のマリー

寺山修司=作
川村 毅=主演

劇作家・川村 毅がマリー役にてオマージュを捧ぐ!

2008年5月1日(木)-5月4日(日)
シアタートラム

Ura_illust_2
(C) 宇野亜喜良

今年5月4日は、寺山修司没後25年にあたります。この追悼イベントとして、美輪明宏が演じ続けている「毛皮のマリー」を川村毅が演じます。

続きを読む "ティーファクトリー/寺山修司没後25年特別公演 『毛皮のマリー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築がうまれるとき

建築がうまれるとき
ペーター・メルクリと青木淳

2008年6月3日(火)~8月3日(日)
東京国立近代美術館

42_3 45_4

ペーター・メルクリ「ドローイング(無題)」制作年不詳 (c)the artist


本展では、いわゆる完成模型や図面などはありません。展示されるのは、頭の中にあるアイデアがかたちを持ち、まさに建築がうまれる瞬間を留めたドローイングやスタディ模型たち。ふたりの異なる建築家のクリエイティヴィティを垣間見ることができる展覧会です。

続きを読む "建築がうまれるとき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/21

エグベルト・ジスモンチ来日!

第24回<東京の夏>音楽祭2008
森の響き・砂漠の声

Photo_2
photo by uga

毎回独特なテーマで、内外の音楽家を招聘してきた「<東京の夏>音楽祭」。<森>と<砂漠>は、相反する場所でありながら、その実、<水>という生命の根源的な要素によって繋がっている二つの場所でもあります。今回は、沈黙とざわめきのあいだに往還する音のオリジンを奏で続けてくれるブラジルの鬼才エグベルト・ジスモンチが来日します。

==
ブラジルの至宝
ジスモンチ・オーケストラ・コンサート
日時:7月3日 (木) 19:00
会場:紀尾井ホール

==
ジスモンチ・ソロ・コンサート
日時:7月7日 (月) 19:00
会場:浜離宮朝日ホール

続きを読む "エグベルト・ジスモンチ来日!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエ展 なまえはまだない

アトリエ展 なまえはまだない

4月26日(土)~5月31日(土)
(会期中全日開催ではありませんので、
http://homepage3.nifty.com/yaichi/new.htm にてご確認ください。)

85_partyblack4408f0
MOTOKO OTSUKI, party,black(44-08), 2008, 140x180mm, oil on canvas

てづくりのアトリエで活動しはじめて約1年。
3人それぞれの個性が光る、アットホームな展覧会です。
今年1-2月にギャラリー・ショウ・コンテンポラリーアートにて
個展が行なわれた大槻素子は、
今回の展示では全て新作を発表します。

続きを読む "アトリエ展 なまえはまだない"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/04/18

ドイツ現代アート回顧展

ドイツ現代アート回顧展
GERMAN MONTHS

4月17日(木)-6月21日(土)
ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アート


Tm_tx__400
A.R. PENCK, TM (TX) RETRO, 1999, 505x500mm, acrylic on canvas
(c) A.R. Penck, courtesy Galerie Michael Werner Berlin, Koln und New York


Part1、Part2の2回に分けて行われるドイツ現代アートの回顧展です。Part1は、非常に力強い筆致で象形文字のような記号や文字を大胆に配置した、A.R. PENCKの作品をフィーチャーします。Part2は、ドイツ現代アートを代表するゲルハルト・リヒターのアブストラクト・シリーズの秀作を含む、厳選されたドイツ人アーティストの作品群を紹介します。

続きを読む "ドイツ現代アート回顧展"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/16

サスキア・オルドウォーバース展

MAMプロジェクト007:
サスキア・オルドウォーバース

2008年4月25日(金)―7月13日(日)
森美術館ギャラリー2(六本木ヒルズ森タワー53階)

Mam007_01_l_3
サスキア・オルドウォーバース
《キロワット・ダイナスティー》
2000年
ビデオ
6分
ナレーター: ジーン・リー
Courtesy: Maureen Paley, London



世界各国の若手アーティストを応援する、森美術館のMAMプロジェクト。今回はロンドンを拠点に活動するオランダ人作家、サスキア・オルドウォーバースを取り上げます。非常に込み入った手作りのミニチュア・セットを制作し、それを撮影した映像作品を発表しています。制作に膨大な時間が掛けられた映像作品は、荘厳な無人の風景をバックに、近未来の『入り組んだ物語』が語られていくというスタイルで、観る者を不思議な世界へと誘います。今回の展示では、サスキア・オルドウォーバースのこれまで発表された9作品の中から、日本初公開となる代表作2作品が上映されます。

続きを読む "サスキア・オルドウォーバース展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田 久個展 ―衣殖[いしょく]/ISHOKU―

成田 久個展 
―衣殖[いしょく]/ISHOKU―

2008年5月13日(火)―5月25日(日)

@ギャラリーギャラリー(京都)

Q_2

京都という「ザ・日本」な地での展覧会。
それなら「日本人である僕」としての作品を発表したいと考えた。
しかもずっと前から思い続けていた妄想とリンクした。

古い着物地を縫い合わせて、新しいコスチュームへ。
それを空間じゅうにひろげる。
「衣植-いしょく-」。
古着物は、人々の雅な時間や美しさを引き継いできた歴史の象徴。
それを再び構築して、新しい美の記憶を、女性の皮ふに植えるように、
コスチュームへとうめこむ。JAPANモダンで世界をうめつくす。

                                       ―成田 久 Hisashi NARITA

資生堂アートディレクターとして活躍する一方、第6回『ひとつぼ展』グランプリ、『アーバーナート#8』優秀賞など、アーティストとしても精力的な活動を続けている成田久さんの展覧会です。

続きを読む "成田 久個展 ―衣殖[いしょく]/ISHOKU―"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

小山田徹 監修“The Act Looking”展

「小山田徹監修 The Act of Looking 実測図の展覧会」
出展:小山田徹・吉田龍一・大西伸明・サカネユキ

ヴォイスギャラリー pfs/w
2008年5月3日(土)―6月1日(日)


Photo
ヴォイスギャラリーpfs/w/小山田徹
「The Act of Looking」2007
ミクストメディア
撮影:山本糾
写真協力:国際芸術センター青森(ACAC)


ダムタイプのメンバーとして、国内外の公演・展覧会などにも参加してきた小山田徹は、地域社会におけるアートの作用などをテーマに活動してきた。今回の展覧会では、小山田の洞窟探検の成果である「洞窟内部の実測図」などが展示されます。また展覧会期中は、今回の“The Act Looking”展にまつわる出展者それぞれの蔵書を展示し、コーヒーを飲みながら読書できるようになってます。

続きを読む "小山田徹 監修“The Act Looking”展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

<<動画>>JaDaFo授賞式&シンポジウム③

第2回 日本ダンスフォーラム賞
JaDaFo Dance Award 2007

☆授賞式パーティとシンポジウム③

2008年3月18日(火) こどもの城

http://komu-komu.air-nifty.com/pod/

↑↑ポッドキャスト番組登録はこちらから!
(リンク先ページのサイドバーpodfeedバナーをitunes等へドラッグ&ドロップ)

授賞式の模様を分割してビデオポッドキャストにて配信いたします!
今回は3回目の配信です!!!

続きを読む "<<動画>>JaDaFo授賞式&シンポジウム③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

ル・ベインデザイン塾 開催

第4期 ル・ベインデザイン塾

ギャラリー・ル・ベイン

Lebain_08juku

今年で4年目を迎える、「ル・ベイン デザイン塾」は、様々な視点でデザインと生活文化について掘り下げていきます。多彩な講師陣による各5回の講義を通して、それぞれのテーマを掘り下げていきます。


現代デザイン論シリーズ
Tokyo Future Design Ⅲ
2008年5月24日(土)~8月9日(土)
講師: 内田 繁/内藤 廣/西山浩平/横森美奈子/浅葉克己

水と文化のシリーズ
茶の湯の今日~道具をめぐってⅢ
2008年8月30日(土)~11月8日(土)
講師: 竹内順一/矢部良明/松岡正剛/内田 繁/倉斗宗覚

続きを読む "ル・ベインデザイン塾 開催"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

中西夏之 新作展

中西夏之 新作展
絵画の鎖・光の森


2008年4月8日(火)→5月25日(日)

渋谷区立松濤美術館

Edge_2007
中西夏之 《背・白 edge Ⅷ》2007年

赤瀬川源平、高松次郎とともに設立したハイレッド・センターの活動、土方巽との仕事など、戦後日本の前衛美術を牽引してきた中西夏之。現在においても絵画そのものについて根源的な問題提起をし続けている。本展では、中西の未発表絵画や、ドローイングが展示される。


講演会「絵画の場所 中西夏之の軌跡」
日時 4月19日(土) 14時から
講師 高階秀爾氏(美術評論家・大原美術館館長)



特別講演会「報告 絵画に向けて 紫・白・黒」
日時 5月11日(日)午後2時から
講師 中西夏之氏(画家)

続きを読む "中西夏之 新作展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開けてみるまで分からない! 才能の宝箱『パンドラVol.1 SIDE-B』

開けてみるまで分からない! 才能の宝箱
パンドラVol.1 SIDE-B

21450221
『パンドラVol.1 SIDE-B』(講談社)
定価(税込):1,890円
発売中


あまりのボリュームで2分冊となって、発売日も延びていた雑誌『パンドラVol.1 SIDE-B』が先日発売されました。総ページ数1000ページを越える分厚さで、立ち読みすると腱鞘炎になってしまうそうです!! 西尾維新最新作『真庭語』、流水大賞の優秀賞受賞作の泉和良『エレGY』、「コムコム.com」でもレビューの執筆を頂いている吉田アミさんも、ヰタ・セクスアリス・ホラーお伽話『雪ちゃんの言うことは、絶対。』を寄稿しています。その他も小説、コミック、ノンフィクションなど様々なコンテンツがずっしり収録された雑誌です。

http://shop.kodansha.jp/bc/kodansha-box/topics/pandora_b/

続きを読む "開けてみるまで分からない! 才能の宝箱『パンドラVol.1 SIDE-B』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

膨大なコンテンツを濃縮した、雑誌『エクス・ポ』2号発売中!

膨大なコンテンツを濃縮した、
雑誌『エクス・ポ』2号 絶賛発売中!

Expo2_2
『エクス・ポ』2号(HEADZ)

フルカラー16ページ、膨大なコンテンツを詰め込んだ雑誌『エクス・ポ』2号が発売中です!
http://ex-po.net/

A4サイズという判型に、16ページという厚さで、文章、内容の密度がギリギリまで濃縮されています。今回「コムコム.com」にて寄稿頂いた吉田アミさんも連載されてます。

続きを読む "膨大なコンテンツを濃縮した、雑誌『エクス・ポ』2号発売中!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

戸谷成雄「ミニマルバロック」

戸谷成雄「ミニマルバロック」

2008年5月24日(土)~6月21日(土)
 
SHUGOARTS 

Image01
戸谷成雄 Shigeo TOYA
森化Ⅲ (部分) Metamorphosis into Woods III (detail)
2003
木、灰、アクリル wood ashes, acrylic
Copyright Shigeo Toya
Courtesy SHUGOARTS



木材の表面を削りながら、襞の向こう側からやってくるイメージ。ミニマル⇔バロックというまったく正反対の概念によって名づけられた、素材とディテールの両面から浮き上がってくる作家の強いメッセージ性の感じられる展覧会です。

続きを読む "戸谷成雄「ミニマルバロック」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

笹イエローマジック公人の最新刊2冊が絶賛発売中!!

笹イエローマジック公人の最新刊2冊が絶賛発売中!!

あの『ジョジョ』をもじったネーミングで、笹 公人が送る第三歌集『抒情の奇妙な冒険』。懐かしさと、どことなく既視感のある奇妙なテーマに、青春の汁が絡み合う。昭和のエネルギーを借りて、現代のリアルタイムまで詠んでしまう、笹 公人の入魂の一冊。


☆ 笹 公人 第三歌集 『抒情の奇妙な冒険』
Jojo_obitsuki

定価 1,365円
ISBN: 978-4-15-208907-6 刊行日: 2008/03/20
発売:(株)早川書房

イラストレーション:とり・みき
デザイン:岩郷重力+Y.S
帯文:山田太一
解説:栗木京子

寺山修司は「架空の私」を、
笹公人は「他人のノスタルジイ」を
手に入れた。
           山田太一

続きを読む "笹イエローマジック公人の最新刊2冊が絶賛発売中!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<<動画>>JaDaFo授賞式&シンポジウム②

第2回 日本ダンスフォーラム賞
JaDaFo Dance Award 2007

☆授賞式パーティとシンポジウム②

2008年3月18日(火) 

こどもの城

http://komu-komu.air-nifty.com/pod/

↑↑ポッドキャスト番組登録はこちらから!
(リンク先ページのサイドバーpodfeedバナーをitunes等へドラッグ&ドロップ)

授賞式の模様を分割してビデオポッドキャストにて配信いたします!
今回は2回目の配信です!!!
1回目の動画はこちら

続きを読む "<<動画>>JaDaFo授賞式&シンポジウム②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

プシエメク ソブツキ the city

H.P.FRANCE WINDOW GALLERY vol.39

Przemek Sobocki プシエメク ソブツキ

the city

2008.4.11 [FRI]~2008.6.4 [WED]

P1000213

UNDER COVER、PRADA、BALENCIAGAなどの有名ブランドのイラストレーションを手掛けてきたアーティスト、プシエメク ソブツキの展覧会です。2005年には、クシシュトフ・キシェロフスキ監督の名作映画『ふたりのベロニカ』のエンディングから着想した作品が、V&Aイラストレーションアワード(Victoria and Albert Museum)のベストエディトリアルを受賞。その他もに様々な地域で展覧会が行われてきました。

自らをcity boyと称し、都市の無限の可能性に魅せられたソブツキ。幾重にも重なるレイヤーによって表現された有機的で躍動感のある都市のイメージを是非お楽しみ下さい。

続きを読む "プシエメク ソブツキ the city"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bluemark presents SKY vol.6

[カフェレストMIMOCAライブイベント]

Bluemark presents  SKY vol.6

2008年5月6日(火・祝) 18:30 - 21:30

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館3F

Cafemimoca1_2

地域の人々との交流や美術館体験の楽しみをさらに深めてもらうことを旨とした、カフェレストMIMOCAにおけるシリーズイベント「SKY」の第6弾。今回はAURORAと二階堂和美のライブをメインに、ライブ&DJイベントが開催されます。また会場では、カフェレストMIMOCA特製のスペシャルフードも。滝の流れるテラスを眺めながら、さわやかな初夏のひとときをお楽しみください。

続きを読む "Bluemark presents SKY vol.6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

鉄割アルバトロスケット公演 「日常サウンド大根」

鉄割アルバトロスケット

「日常サウンド大根」

戯作:戌井昭人 演出:牛嶋みさを

2008年4月26日(土)~5月7日(水)

リトルモア地下

Tetsuwari_web

伝説にすら勝手になってる、2005年怒涛のリトルモア地下連続公演「鉄割馬鹿舞伎」の馬鹿さ加減再び。

今度は『日常サウンド大根』と題して、毛色の違った3つのプログラムを日替わりで行われます。

続きを読む "鉄割アルバトロスケット公演 「日常サウンド大根」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

永岡大輔展 「曖昧な庭」

永岡大輔展 「曖昧な庭」

2008年4月3日(木)~5月6日(火)

hpgrp GALLERY TOKYO

Nagaokahpgrp_2


緻密な線の集積により、詩的な世界を描き出す永岡大輔の新作展です。インクの線を繰り返し積み重ね、白い紙の上に描かれた動物や昆虫たち。本展ではそういったドローイング作品に加え、集団の中に社会的構造を備えるハチやアリなどの中でも、子孫を増やさず働くだけの不妊階層がある特殊な社会性のことを指す真社会性という現象にインスピレーションを受けた立体作品も展示されます。

続きを読む "永岡大輔展 「曖昧な庭」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大喜喜展 ZEL CAFE/GALLERY

ZEL CAFE/GALLERY 
オープニングシリーズ vol.1


大喜喜展~KiKi inc.Exhibition2008~

2008年4月9日(水)~4月20日(日)

ZEL CAFE/GALLERY

Kikitenlogo


カフェ&レストランとギャラリーを兼ねた『ZEL CAFE/GALLERY』のオープニング展覧会です。第一弾は「kiki inc.」を大フィーチャーします。参加するのは「kiki inc.」に所属する総勢23名のクリエイター達。スタイリストの熊谷隆志、伊賀大介、ヘアメイクアップ・アーティストの小西神士、フォトグラファーの新津保建秀、FPM田中知之などなど、第一線で活躍するバラエティ豊かなクリエイターが参加します。

なお、開催期間中にはトークショーやフリーマーケットなど、様々なイベントが行われる予定です。

続きを読む "大喜喜展 ZEL CAFE/GALLERY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »