« 三浦大輔が5年間、あたため続けた意欲作、ポツドール『顔よ』 | トップページ | どこでもない どこか »

2008/03/03

XXIc.―21世紀人

XXIc.―21世紀人

第3回企画展 三宅一生ディレクション

2008.3.30(SUN)→7.6(SUN)

21_21 DESIGN SIGHT

Xxic

21_21 DESIGN SIGHT のオープンから一周年の節目となる第3回企画展のテーマは「21世紀人」。かつて「未来」の代名詞でもあった「21世紀」において、今まさに「21世紀」のこれからをつくっていく新しい表現活動に取り組んでいる国内外の作家が作品を発表します。本展ディレクターの三宅一生は、この展覧会に向けて様々なリサーチを行ってきました。わたしたちが今まさに直面している問題や課題ともう一度向き合い、これからの新たなものづくりや暮らしのカタチについて考えていくきっかけになるでしょう。

04dec07_082
三宅一生 展示作品の制作プロセスより。梱包用包装紙を使ったインスタレーションの制作。
Photo: Masaya Yoshimura / Nacása & Partners Inc.

参加作家:
関口光太郎
鈴木康広
ベン・ウィルソン
nendo
デュイ・セイド
三宅一生
藤原 大 + ISSEY MIYAKE Creative Room
(順不同)

特別出展作家:
イサム・ノグチ
ティム・ホーキンソン
ロン・アラッド
(順不同)

会場構成:
デュイ・セイド

18nov07_024
関口光太郎 展示作品の制作プロセスより。新聞紙とガムテープを使い、巨大な塔を制作。
Photo: Masaya Yoshimura / Nacása & Partners Inc.

開催概要

会期:
2008年3月30日(日)~7月6日(日)

時間:
11:00~20:00(入場は19:30まで)

休日:
火曜日(4月29日と5月6日は開館)

入場料:
一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
(15名以上は各料金から200円割引き、いずれも消費税込み)

主催:
21_21 DESIGN SIGHT、財団法人 三宅一生デザイン文化財団

後援:
経済産業省、文化庁

協力:
ダイソン株式会社、マックスレイ株式会社、株式会社 七彩、サンプリーツ株式会社、
株式会社 滝製紙所、東邦ラス工業株式会社、ヤマハ株式会社


21_21 DESIGN SIGHT
http://www.2121designsight.jp/

|

« 三浦大輔が5年間、あたため続けた意欲作、ポツドール『顔よ』 | トップページ | どこでもない どこか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XXIc.―21世紀人:

» 美の名言 [美の名言]
彫刻は不完全でいい。完成させるのは遊ぶ子どもたちや、季節、自然である。イサム・ノグチ [続きを読む]

受信: 2008/03/06 23:05

« 三浦大輔が5年間、あたため続けた意欲作、ポツドール『顔よ』 | トップページ | どこでもない どこか »