« ザ・チョイス大賞展2008 | トップページ | DANCE×MUSIC! ~振付家と音楽家の新たな試みvol.3~ »

2008/02/08

<<批評>> ウイリアム・フォーサイスDVD

ウイリアム・フォーサイス×ティエリー・ドゥ・メイ

DVD+付録ブック 
『One Flat Thing, reproduced』


2008年2月、振付家 ウィリアム・フォーサイスと、映像 ティエリー・ドゥ・メイのコラボレートによる注目のダンスDVD “One Flat Thing, reproduced”(2006年製作、フランス)が、新たに 日本オリジナル版 【DVD+付録ブック】として発売されました。

Forsythdvd1web 

評=三橋 輝

 フォーサイス・カンパニー初の本格的なヴィデオ・ダンス作品である。2006年、フランスMK2から発売されたものにブックレットをつけた日本企画盤だ。振り付けはフォーサイス、監督はRosasの一連のヴィデオ・ダンスを担当してきたティエリー・ドゥ・メイ。『one flat thing, reproduced』と題されたカンパニーによる26分のダンスと監督ティエリー・ドゥ・メイが聞き手を務めるフォーサイスの45分のインタヴューが収められている。
 このダンス、実は2000年以来様々なヴァージョンで発表されているフォーサイス・カンパニーの重要なレパートリーの一つだ。しかし、ここではフォーサイスの側からではなく、この「ヴィデオ・ダンス」というジャンル、そしてそのパイオニアの一人でもあるティエリー・ドゥ・メイの側から言葉を発してみよう。(…)

Oftr_00666
(c)2006 MK2 TV ・ Arte France ・ The Forsythe Company ・Forsythe Foundation - Arcadi

 ドゥ・メイによるRosasのヴィデオ・ダンスから分かるように、彼の作品は舞台の単なる記録映像ではない。独特の空間設計とカット割りのリズムによって舞台では見る事の出来ないダンスのもう一つの姿を提示している。
 より具体的に見ると、例えば、軸を固定した先端部(手足や頭)を中心とした速度のある振りのシーンでは、三つ以上のアングルから捉えたショットを細かいカット割りでつなぎ、また跳躍や回転といった全身運動が中心となるシーンではフルサイズのロングからミディアムショットまでを駆使しその身体全体の動きを捉えようとする。つまりは被写体を最も魅力的かつ効果的な形で見せるという極めて映画的な配慮がそこにはある。その結果として、ダンスがもつ物語性が前景化し、身体の動き=ダンスの振りが詳細に分析可能な断片として立ち現れてくるのだ。これは同時にドゥ・メイが一貫した手法によってダンス映像に一種の作家性を与えていることも意味している。
 さて、こうしたドゥ・メイの手による「ダンス」の「ヴィデオ・ダンス」化は、フォーサイス・ダンスの映像化にとって、最適のフォームであるように思える。反復される振りのテーマはより明確になり、17名のダンサーが入り乱れるパートでは、その全体と個々の動きのカットを切り返し挿入することによって、舞台全体から構築されるものをダイナミックに浮かび上がらせ、フォーサイス・ダンスに一種のカタルシス(!)すら与えている。フォーサイス・ダンスの新たな側面を見ることが出来ると言えるだろう。
 本作によって、Rosasという実は極めて女性性に溢れたリリシズム漂うダンスをヴィデオと舞台双方で演出して来たドゥ・メイが、フォーサイスのマテリアティックなダンスを、それもおそらくドゥ・メイ史上最多の被写体数で捉えたことは、監督本人にとっても、「ヴィデオ・ダンス」というジャンルにとっても、一つの到達点を示しているだろう。そして既に「ヴィデオ・ダンス」は新たなフェーズを待っているのだ。

--
William Forsythe × Thierry De Mey
ウィリアム・フォーサイス(振付)×ティエリー・ドゥ・メイ (映像)
“One Flat Thing, reproduced”
DVD + 付録ブック  


■ダンス映像作品“One Flat Thing, reproduced”(26分  振付:William Forsythe)
■William Forsythe単独インタビュー(45分 聞き手:Thierry De Mey、日本語字幕付)
■付録ブック  日本語字幕監修:浅田彰
       ショートエッセイ執筆:岡崎乾二郎 / 楠田枝里子 / 高谷史郎 / 三宅一生

DVDオリジナル版 製作:MK2(フランス)
日本版製作・発売:アルバトロス株式会社    ディレクション:株式会社CAN

■ご購入 /お問い合せ: 
株式会社CAN tel  03―5457―3163  

http://www.cancancan.co.jp/

アルバトロス株式会社

http://www.albatros-film.com

■本体価格:5,500円(税込・送料別) 発売中

|

« ザ・チョイス大賞展2008 | トップページ | DANCE×MUSIC! ~振付家と音楽家の新たな試みvol.3~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/40015200

この記事へのトラックバック一覧です: <<批評>> ウイリアム・フォーサイスDVD:

« ザ・チョイス大賞展2008 | トップページ | DANCE×MUSIC! ~振付家と音楽家の新たな試みvol.3~ »