« アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展 | トップページ | もっともパンクな映像集団「革命トマト」の記念すべき長編映画第一弾! »

2008/01/13

大槻素子個展

大槻素子 innocent bystander

1月31日(木)―2月23日(土)

ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アート

Party_4607__72_3
Motoko Otsuki, party(46-07), 2007, 242x333mm, oil on canvas  (c) 2008 Motoko Otsuki

昨年美大を卒業したばかりの注目の新人アーティスト。
乳白色の霧のような、白昼夢のような不思議な風景は、
記憶の片隅にかすかにのこる遠い過去のイメージの残滓のようでもある。
観覧車やケーキ、プールサイドの人々など、
親しみやすいモチーフにも関わらず、作品が醸しだす曖昧で儚い雰囲気が、
上手くバランスを取っていて見る者を飽きさせない。

不安や物足りなさを感じさせるようなその絵は、
innocent bystander=「傍観者」としての作家と、
その作品を見る私たちを、秘めやかな共犯者に仕立て上げる。
私たちは作家と共に、その遠い記憶の奥底に眠ったイメージの痕跡と共に、
存在論的なアポリアの前へと投げ出されているかのようだ。

Dinner_0707__72_2 
Motoko Otsuki, dinner(07-07), 2007, 727x727mm, oil on canvas  (c) 2008 Motoko Otsuki

1月31日(木)18:00~ オープニング・カクテル(アーティスト出席予定)

会 場
ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アート 
東京都中央区日本橋3-2-9三晶ビルB1F      
Tel 03-3275-1008 Fax 03-3273-9309

ギャラリーHP http://www.g-sho.com


地図はこちら

--------------
Gsho_map_300dpixddddd201
JR東京駅八重洲口より徒歩3分
地下鉄銀座線/東西線日本橋駅B3出口を地上にあがり徒歩1分

text by editor

|

« アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展 | トップページ | もっともパンクな映像集団「革命トマト」の記念すべき長編映画第一弾! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大槻素子個展:

« アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展 | トップページ | もっともパンクな映像集団「革命トマト」の記念すべき長編映画第一弾! »