« 2000年代、変わり行く東京、そして女たち | トップページ | 大槻素子個展 »

2008/01/07

アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展

『Replicas』

SCAI THE BATHHOUSE

1月9日(水)-1月26日(土)

S_gohdance2387_2
"Unknown Forces" 2007 (c)Apichatpong Weerasethakul

1970年タイ生まれ。東京フィルメックスでも『ブリスフリー・ユアーズ』、『トロピカル・マラディ』が最優秀作品賞に輝き、日本での評価も高まってきているアピチャッポン・ウィーラセタクンは、これまでにカンヌ映画祭、ヴェネチア映画祭、山形ドキュメンタリー映画祭など数々の映画祭で上映され、世界的に評価が高まってきている映画監督でもある一方で、アートのフィールドでも、イスタンブールビエンナーレ、台北ビエンナーレ、釜山ビエンナーレなど国際的な活躍を重ねている注目の映像作家だ。

そんなユニークな活動を続けているアピチャッポンは、アメリカで美術、映像製作を学び、自身もキアロスタミ等の映画に影響を受けてきたと述べるように、プロでない市井の人々を出演させるというスタイルで多くの作品を製作している。今回の展覧会では、日雇労働者たちを荷台に乗せて走るピックアップ・トラックをモチーフにした映像インスタレーション作品『Unknown Forces』をメインに、写真作品やスケッチなどを併せて展示し、表面的ではなく、本格的に作家の思考の軌跡を追うことが出来るような展示になるだろう。

S_unknownf_slide18_2
"Unknown Forces" 2007 (c)Apichatpong Weerasethakul

S_unknownf_slide26_2
"Unknown Forces" 2007 (c)Apichatpong Weerasethakul


会場: SCAI THE BATHHOUSE
期間: 1月9日(水)-1月26日(土)
入場料: 無料

|

« 2000年代、変わり行く東京、そして女たち | トップページ | 大槻素子個展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展:

» 月9 ガリレオ [ドラマと砂時計と私]
アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展S_unknownf_slide18_2 "Unknown Forces" 2007 (c)Apichatpong Weerasethakul S_unknownf_slide26_2 "Unknown Forces" 2007 (c)Apichatpong Weerasethakul 会場: SCAI THE BATHHOUSE 期間: 1月9日(水)-1月26日(土) 入場料..... [続きを読む]

受信: 2008/01/07 15:59

« 2000年代、変わり行く東京、そして女たち | トップページ | 大槻素子個展 »