« 年の瀬に、名物かいぶつ祭り | トップページ | アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展 »

2008/01/07

2000年代、変わり行く東京、そして女たち

『東京ソーダ水』
めくるめく東京。
変わりゆく8人の女の
日常ドキュメンタリー。


エグゼクティブ・プロデューサー 奥山 和由
総監督 飯塚 敏明


2008年1月12日より 渋谷UPLINK Xにて公開!
1/12(土)~ 2/1(金) 15:00 17:00 19:00
2/2(土)~ 劇場へお問い合わせ下さい


※1/22(火)19:00上映会終了後、
20:20頃より榎本了壱によるトークショー予定!
(40分~50分程度)

(榎本了壱、飯塚敏明、高井君貴)

Ts_flyer1_2

 東京に生きる若い女性たち8人の日常を追った異色のドキュメンタリー映画『東京ソーダ水』が公開される。
 最近会社を設立したタレント兼社長、都心にマンションを購入したばかりの主婦、女優へ転進をしたモデル、大企業を辞めて地元の再開発反対ボランティアに参加する女性など、個性的な8人の1ヶ月の日常と彼女たちの変化がありのままに映し出される。そこに過剰な演出や説明はなく、再開発で変わりゆく東京の街並みと併せて、「今のニッポンに生きる」ことを考えさせられる。
 エグゼクティブ・プロデューサーは数々の名作を生み出してきた奥山和由。挿入曲は山崎ハコが担当。印象的なメロディと歌声が、テーマ性を深く浮かび上がらせている。また、本作は8人の女性を8人のユニット監督が撮影し、1人の総監督がまとめ上げるというユニークな手法で制作されている。
 『東京ソーダ水』は2008年1月上旬、渋谷アップリンクXにて公開。順次、大阪でも公開される。

 公式サイト http://tokyo-soda.com/ 予告編配信中です!

エグゼクティブ・プロデューサー 奥山 和由
総監督 飯塚 敏明
エグゼクティブ・プロデューサー:吉田逸雄、滝口裕之
プロデューサー:飯塚敏明、日向武夫
音楽:山崎ハコ、真柴史朗
構成:飯塚敏明、高井君貴
企画:舟橋利尚
ユニット監督・撮影:高田雅之、安池卓、渡辺浩太 (J.S.C)、樋口哲史、西野基久、宮田敦広、小野寺昭憲、タミヤヨシナリ
編集:飯塚敏明、高田雅之
製作:「東京ソーダ水」製作委員会 (毎日コミュニケーションズ、チームオクヤマ、アイ・ティ・プロデュース、エキスプレス、アイズプロジェクト)
協賛: ファイブスターインタラクティブ、ストリーミングジャパン、アシスト企画、総合物流企業 エース、スリーエス印刷、ユニコーン
配給協賛: 株式会社ユニークセリング・プロポジション、有限会社泰進、LASO
協力協賛: アイ・ティ・プロデュース、オーダームービードットコム
宣伝協力:JTBエンタテイメント
配給協力;UPLINK X
配給・宣伝:アイズプロジェクト

|

« 年の瀬に、名物かいぶつ祭り | トップページ | アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/17262543

この記事へのトラックバック一覧です: 2000年代、変わり行く東京、そして女たち:

» 『東京ソーダ水』掲載情報について② [QUIET LIFE]
アートディレクターの榎本了壱さんのサイト「コムコム.COM」に、東京ソーダ水情報 [続きを読む]

受信: 2007/12/05 01:59

« 年の瀬に、名物かいぶつ祭り | トップページ | アピチャッポン・ウィーラセタクン国内初個展 »