« 村上春樹版かるたの原画展 | トップページ | 寺門孝之展 そして船は行く »

2007/12/10

ようこそ、シングルライフへ

上野千鶴子『おひとりさまの老後』(法研、2007)

Ohitori_3

結婚していようがいまいが、
だれでも最後はひとり


「これで安心して死ねるかしら」  ―帯より

「結婚していようがいまいが、だれでも最後はひとり」
こう帯に書かれた本書を手に取ると、なるほどなと思ってしまう。
ジェンダー研究者として第一線で活躍されている著者が、
老後について考える、その筆致は時には荒々しく、
時には(世の男性にとって)手厳しく語られているが、
本書全体を通して感じられるのは、
暗く不透明で誰しも不安に感じている老後について、
あくまでポジティヴに捉えようと努めている点である。

老後は自分の問題でもあると同時に、
残されていく人々の問題でもある。
自分が明るい気持ちでいられなければ、
残りの人生、自分が楽しく、
そして自分に関わる人たちと楽しくやってはいけない。
本書は、そうして生きていくための想像力が足りない
我々日本人(女性も男性も)にとって、
明るい光を投げかけてくれる“実用書”である。

text=y.kageyama

|

« 村上春樹版かるたの原画展 | トップページ | 寺門孝之展 そして船は行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/17330233

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、シングルライフへ:

« 村上春樹版かるたの原画展 | トップページ | 寺門孝之展 そして船は行く »