« 芸大取手校舎にて、学生主体のプロジェクト | トップページ | 様々なダンス企画が横浜で行われてます! »

2007/11/29

森村泰昌、世紀の荒ぶる男達に変身

『森村泰昌 荒ぶる神々の黄昏 / なにものかへのレクイエム・其の弐』

『Yasumasa MORIMURA Twilight of the Turbulent Gods / A Requiem: Chapter 2』

2007年12月22日(土)~2008年2月16日(土)

at SHUGOARTS / MAGIC ROOM?


Image09_2
森村泰昌 Yasumasa MORIMURA
「なにものかへのレクイエム(夜のウラジーミル)1902.5.5 - 2007.3.2」 
A Requiem: Vladimir at Night, 1920.5.5 - 2007.3.2
2007 
レーザージェットプリント Laserjet print
Copyright Yasumasa Morimura
Courtesy SHUGOARTS



かつての「女優シリーズ」で、20世紀最大の芸術である映画の中に表象された「女性的なるもの」を、ユーモアたっぷりに体現した森村泰昌が、今度は史上最も映画的な激動の世紀、20世紀のもう一つの側面である、「男性的なるもの」を表象するシリーズに取り組んだ。タイトルにあるように、荒ぶる神々とでも呼ぶべき世紀の巨星たち-毛沢東、ゲバラ、レーニン、ヒトラーなど-の肖像に扮し、「20世紀とは何であったか」を森村流に捉えようとする壮大なプロジェクトであり、三島由紀夫らに扮して話題を呼んだ『烈火の季節 / なにものかへのレクイエム・その壱』に続く第二弾である。フィクションに対する現実世界の、政治や戦争による荒々しくも儚い時代を生きた男達にひとりの日本人が成り切る事によって、そこから何かが見えてくるか。館内には写真や映像作品を含め、16点の作品が展示される。


会期    

2007年12月22日(土)~2008年2月16日(土)
冬季休廊 2007年12月29日~2008年1月7日
開廊時間 

12:00~19:00
休廊日  

日・月曜日、祝日
第一会場 

シュウゴアーツ SHUGOARTS / 荒ぶる神々の部屋
135-0024 東京都江東区清澄1-3-2, 5階
tel: 03-5621-6434 fax: 03-5621-6435
email:
info@shugoarts.com URL: www.shugoarts.com
第二会場 MAGIC ROOM? マジックルーム? / レーニンの部屋
135-0024 東京都江東区清澄1-3-2, 6階

入場料    

無料
協力    

MAGIC ROOM?

Image01_7
森村泰昌 Yasumasa MORIMURA
「なにものかへのレクイエム(赤い夢/チェ)」 
A Requiem: Infinite Dream / CHE
2007 
ゼラチンシルバープリント Gelatine Silver Print
Copyright Yasumasa Morimura
Courtesy SHUGOARTS

Image03_4
森村泰昌 Yasumasa MORIMURA
「なにものかへのレクイエム(宙の夢/アルベルト2)」 
A Requiem: Dream of Universe / ALBERT 2
2007 
ゼラチンシルバープリント Gelatine Silver Print
Copyright Yasumasa Morimura
Courtesy SHUGOARTS



地図はコチラ!
Map21
地下鉄: 半蔵門線/大江戸線「清澄白河」 下車A3番出口より7分
  半蔵門線「水天宮前」 下車2番出口より10分


text by editor

|

« 芸大取手校舎にて、学生主体のプロジェクト | トップページ | 様々なダンス企画が横浜で行われてます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森村泰昌、世紀の荒ぶる男達に変身:

« 芸大取手校舎にて、学生主体のプロジェクト | トップページ | 様々なダンス企画が横浜で行われてます! »