« 大人になりきれない若者たちのディスコミュニケーションぶりを表現する | トップページ | るつぼ »

2007/08/09

フォントで遊ぶ

『コウガグロテスク』平野甲賀展

NO.12 GALLERY(@代々木上原)にて
2007年8月10日(金)~8月15日(水)

0810300

国内外で活躍する数名のクリエーター達が、2007年6月に発売された平賀甲賀のフォント「コウガグロテスク 06』を使って思い思いに遊ぶ!
同時に平野甲賀が携わった演劇集団黒テント、水牛楽団などの当時のチラシ、描き文字の生原稿、仕事帖も一挙公開!
8月11日(土)には、氏のトークショーも開催!
デザイナー、クリエイター必見☆ 是非足を運んでみよう。

[コウガさんと話そう] ビラって何だ?!
 8月11日(土)17:00~
 要予約【→ th7377@ybb.ne.jp】・500円・定員35名



★平野甲賀 Hirano Koga
グラフィックデザイナー/装丁家
【Profile】
1938年生まれ。
武蔵野美術大学視覚デザイン科卒業。
高島屋宣伝部を経て、フリーのデザイナーとなる。

1964年から1991年頃まで晶文社の本の装丁のほとんどを手がけ、同社のイメージを定着させた。
1968年から演劇集団黒テント設立に参加。現在も同集団のビラ、ポスターのデザインを担う。
1984年には木下順二著『本郷』の装丁で「講談社出版文化賞」ブックデザイン賞を受賞。
手がけた装丁本はおそよ6千冊に及ぶ。
1992年より、装丁をリトグラフに再生した個展「文字の力」を内外で展開した。
1997年以後、雑誌『本とコンピュータ』アートディレクター。
2005年小劇場シアターイワト総合プロデューサー。

【著書】
『平野甲賀 装丁の本』リブロポート刊(絶版)
『平野甲賀《装丁》術 好きな本のかたち』晶文社刊
『文字の力』晶文社刊
『もじを描く』編集グループSURE
『僕の描き文字』みすず書房刊

CD-ROM「文字の力 平野甲賀の仕事」エフツウ株式会社
CD-R「コウガグロテスク」仮名
CD-R「コウガグロテスク06」漢字



ギャラリーはコチラ!
★NO.12 GALLERY

東京都渋谷区上原2-29-13
TEL:03-3468-2445
最寄り駅:東北沢駅・代々木上原駅・駒場東大前駅
赤い看板が目印!!

Jpmap

|

« 大人になりきれない若者たちのディスコミュニケーションぶりを表現する | トップページ | るつぼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/16058038

この記事へのトラックバック一覧です: フォントで遊ぶ:

« 大人になりきれない若者たちのディスコミュニケーションぶりを表現する | トップページ | るつぼ »