« ★銚子電鉄全駅乗下車ツアーの全貌★第1弾 | トップページ | 独特の板彫り絵画の質感を味わう »

2007/06/13

「鉄子の旅」オンエア記念★行ってきました! 銚子電鉄全10駅乗下車の旅!!

Photo_167

実録・鉄道ルポ漫画
『鉄子の旅』がアニメ化!


CS放送局「ファミリー劇場」にて、6月24日(日)朝10:00放送スタートとなる。
その放送を記念して企画された「鉄子の旅」ツアーに6月9日(土)に参戦してきました。

Photo_168

「鉄子の旅」は、約8年かけて日本中の全9,843駅を乗下車したという
なんだかすごい記録をもつ横見浩彦さんが、鉄道に全く興味のない女性漫画家の菊池直恵さんを鉄道の旅に連れ回すという実録漫画が原作。

銚子電鉄全駅乗下車の旅は、原作漫画の第1巻に登場するのだが、その旅を再現したのが今回のツアー。
 
「鉄子」とは、女性の鉄道ファンを示すためにつくられた造語です。

ガイドを務めてくれたのは、もちろん横見浩彦さん。原作漫画そのままの雰囲気。。。
彼のポリシーは、乗り降りは必ず列車で、ホームに足をつけるだけでなく、
必ず駅の改札を出るというものである。
1つ1つの駅をここも降りたぞ、ここも……! と征服していくことの達成感が気持ちよく、○○線は終わったぞ、次は○▲線制覇だ!と次へ次へという気持ちが沸いてきたのだという。
1つの目標を達成するまではやめられない。そんな意地と根気強さが全国駅制覇を成し遂げられた所以であろう。

その彼が案内してくれる「銚子電鉄全10駅乗下車の旅」。
既に横見さんによって乗り降りのタイムスケジュールは決定済。
列車は1時間に1本くらいの割合。待ち時間のタイムロスをなくすため、上下線をうまく組み合わせて効率よく全駅を回れるか考えなければならないのだが、愛読書が時刻表という横見さんの手にかかると銚子電鉄の場合、以下の通りとなる。

①銚子    10:29発
②本銚子  10:35着/10:41発
③観音    10:43着/11:22発…名物鯛焼きを食する時間含む
④笠上黒生 11:27着/11:50発…本日メイン、タブレット交換見学時間含む
⑤海鹿島  11:53着/12:21発
⑥西海鹿島 12:22着/12:26発
⑦外川    12:34着/13:07発
⑧君ヶ浜   13:11着/13:23発
⑨犬吠    13:25着/15:43発…昼食と海岸散歩道ぶらつき時間含む
⑩仲ノ町   15:58着

ちなみに地図でみると各駅の配置は以下の通りである。

Photo_4

全行程を回る所要時間は5時間ほど、という計算。

★銚子電鉄全駅乗下車の丸ごとリポートは以下をクリック!

第1弾  / 第2弾  


最初は、乗り降りするだけの旅だなんて。
せっかくだから駅から出て散策しようよ、と思っていたが、
あのよくわからないスピード感覚、「さぁ、ここで○○があるよ”!…さぁ急げ。乗らないと1時間電車来ないよ!…ここの角度から撮影するといいんだよね~」という、横見さんの言葉を聞いて行動する内に、次はこう撮ろうとか、次はどんな電車が来るのかな、とか、なんだ、この駅、この看板、等々、ツボとなるポイントが除々に出てきて、横見さんに聞いてみたりしている内に、駅だけ巡りもなかなか楽しいな、と思うように。
このリポートにしても、駅から遠くまで散策しているわけでもなく、かなりの割合で駅に降り立つくらいの旅の割には、意外と記憶しているもので、書けることは山のようにある。

横見さんも上機嫌で、いろんな方とコミュニケーションをとっては楽しそうに解説していました。ツアー参加者の中では、いわゆる「鉄ちゃん」な男子が、それほど詳しい知識を持たない女子に熱心にタブレット交換について解説していた。タブレット自体を知らなかった女子の「なんか可愛いかも。タブレット持ってかえりたいなぁ~!!」という言葉に対し、「タブレットは持ち帰れないけど、僕が君のタブレットになるよ」と答えた男子がいたとかいないとか(笑)。
横見さんは、例えばタブレットという単語が日常会話の中に自然と溶けこんで会話が成り立つ日が来るのを夢見ている。そしてタブレットが女の子の口説き文句に使える世の中を心待ちにしているので、上記の会話が聞かれた今回のツアーは、横見さんとしては大収穫の一日だったようだ。
知らない言葉は未知数のようにあるだろう。それをさりげなく質問してくれたら、どんどん答えるし、いろんな所に連れていってあげる! デートコースには土合駅(新潟県:原作漫画第一巻・第五旅に登場)が、秘境ムード満点でお薦め! と熱く語ってくれたのだった。
今回のツアーは、鉄道ファンの方々ももちろん参加してくれていたけれども、それ以外の、鉄道の知識はないけれど興味があって参加してみましたというお客さんとも交流が出来、全駅乗下車という同じ目的を皆で共有している感覚が、普段は一人で行動しているだけに新鮮で楽しかった! と大満足のご様子でした。
またこんなツアーを企画したいな、とおっしゃっていたので、このリポートを見てご興味を持たれた方は横見さんに是非ご一報を。

★横見浩彦公式HP 

Img_0246_1
全駅乗下車を終えて。少しお疲れながらも笑顔がこぼれる横見さん

日常会話に鉄道専門用語が飛び交う世の中になるのは、なかなか難しいと思うが、
鉄道ファンの方々にお供して回る鉄道の旅も、それほどマニアックな香りがするでもなく、
面白いのでお薦めです。まずは、漫画とアニメの『鉄子の旅』を観てシュミレーションしてみてはいかがでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

アニメ
『鉄子の旅』
CS放送局・ファミリー劇場にて、6月24日(日)朝10時放送スタート

小学館の月刊『IKKI』にて2006年12月号まで連載された実録・鉄道ルポマンガ。
日本中の全9,843駅に下車した究極のテツ(鉄道好き)横見浩彦が、鉄道は交通手段としか思っていない女性マンガ家キクチを日本全国引きずり回す。

観光・グルメ・湯煙とは一切無縁に、ひたすら鉄道に乗り、駅に乗り降りする実録・鉄道珍道中! 
その異色マンガがシリーズ全13話でアニメ化となりました。

■初回放送:日曜10:00~10:30
■再放送  :月曜23:00~ 木曜深夜2:30~

★「鉄子の旅」公式サイトはコチラ 

Photo_169

★横見浩彦
Profile

1961年生まれ。トラベルライター。
30歳から駅めぐりを始め、1995年JR全線全駅下車を達成。
その数4,636駅(当時)。2005年、ついに私鉄も含めた日本全国全駅下車という前人
未踏の“偉業”を達成。その数9,843駅(当時)。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« ★銚子電鉄全駅乗下車ツアーの全貌★第1弾 | トップページ | 独特の板彫り絵画の質感を味わう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/15409154

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄子の旅」オンエア記念★行ってきました! 銚子電鉄全10駅乗下車の旅!!:

» レビュー・評価:鉄子の旅/第1旅「久留里線全駅乗下車」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 15 / 萌え評価 26 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 5 / お色気評価 0 / 総合評価 10レビュー数 19 件 売れないマンガ家キクチは、出版社の編集者から、トラベルライターと旅するマンガの企画を持ち込まれる。経費は全て編集部持ち。その上、トラベルライター(横見浩彦)が旅の計画を立ててくれるので、面倒な手間は掛からないとの触れ込みに、その場で快諾の返事をする。全国のグルメと温泉にどっぷり浸れると、胸を躍らせて取材当日を楽しみに... [続きを読む]

受信: 2007/07/17 19:07

« ★銚子電鉄全駅乗下車ツアーの全貌★第1弾 | トップページ | 独特の板彫り絵画の質感を味わう »