« 森村泰昌氏のレクイエムシリーズ、イタリアへ! | トップページ | いまなお続く内戦の現実を切りとる »

2007/05/31

今年は榎本了壱、具本昌がゲスト審査員!

キヤノン

__2

2007年度(第30回公募)

応募申し込み受付締切は、6月11日(月)、
作品受付締切は、6月18日(月) (当日消印有効、もしくは宅配受付有効)
お間違いなく!!!

Photo_141

2006年度(第29回公募)優秀賞選出審査会風景

1991年秋より、キヤノンのメセナ活動として継続した活動を推進としている「写真新世紀」は、写真の現在に注目し、写真表現の新たな可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした公募コンテスト。
銀塩写真、デジタル写真をはじめ、現代アートやさまざまな映像メディアも取り入れた、自由で独創的な写真表現を応援するプロジェクトです。
新人写真家の登竜門として、蜷川実花氏、佐内正史氏、澤田知子氏ら、国内外で広く活躍する優秀な写真家を多数輩出。現在までの応募総数は約35万点を誇ります。

今回は、レギュラー審査員である荒木経惟氏(写真家)、
飯沢耕太郎氏(写真評論家)、南條史生氏(森美術館館長)、森山大道氏(写真家)に加え、写真家の具本昌(クー・ボンチャン)氏と、弊社社長であり、アートディレクターの榎本了壱が
ゲスト審査員として参加します。


※榎本のプロフィールはコチラ

※具本昌氏は、韓国ソウル出身の写真家で、2004年に韓国の伝統仮面劇をテーマとした個展をパリで開催し、大きな反響を呼びました。現在は朝鮮王朝の伝統的な磁器である
“白磁(はくじ)”の写真制作を中心に、世界的に活躍しています。

審査は、各審査員が独自に1名(組)ずつ優秀賞を選出し、計6名(組)の受賞者には今秋開催予定の受賞作品展に出展する権利が与えられます。
同作品展開催期間中に行われる「グランプリ選出公開審査会」において本年度のグランプリが決定となります。


☆グランプリ受賞者には、奨励金100万円と、
翌年の受賞作品展(巡回展含む)における個展開催の権利が贈られます。

■応募要項詳細はコチラ

-----------------------------------------

★昨年度のグランプリ作品はコチラ!

2006年度グランプリ受賞作品
高木こずえ「insider」 
Photo_139

グランプリ受賞作家は、
翌年に受賞作品展を開催する権利を得ることが出来ます!
2005年度受賞者である小澤さんが昨年開催した
受賞作品展より1枚!

2005年度グランプリ受賞者 新作個展より
小澤 亜希子「バブ」

Photo_140

※ WEB掲載の都合上、解像度をかなり下げているため、かなり荒くなっております。
   その点はご了承下さい。

★『写真新世紀』に関するお問い合わせ

  キヤノン株式会社 文化支援推進室
  〒146-8501 
  東京都大田区下丸子3-30-2
  TEL:03-5482-3904(直通) FAX:03-5482-9623
  (受付時間:平日10:00~17:00)

編/A.okada

|

« 森村泰昌氏のレクイエムシリーズ、イタリアへ! | トップページ | いまなお続く内戦の現実を切りとる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/15103796

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は榎本了壱、具本昌がゲスト審査員!:

« 森村泰昌氏のレクイエムシリーズ、イタリアへ! | トップページ | いまなお続く内戦の現実を切りとる »