« ワイルド・ファンキーなプチギャラリーでの展覧会 | トップページ | 稲越功一写真展—百一人の肖像— »

2007/04/12

10年間の集大成 e.m. の限定アートブック登場☆

           『e.m.1996-2006』
       『THE BOX IS FULL OF JANK』
           『pearls on the pig』


                 B5変形 3冊組 限定500部

      いまや絶大な人気を誇るアクセサリーブランド
           e.m. 10年間の集大成。

これまでの10年間、発表してきた全アイテムと、
そのデザインが生まれるきっかけとなった、愛すべき“ガラクタ”たち
デザイナー2人のプライベートなコレクションを網羅した、アートブックのような保存版カタログが誕生!
ジュエリーデザイナーの頭の中の混沌がこの3冊の中に詰まっています。

Embook

☆全ての本にシリアルナンバー入りブタプレートが付いてきます!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「315360000秒の中で作り出された、何度見てもまた見返したくなるe.m.が本になります。
この10年、僕たちにとって様々な出来事があり、たくさんの物や人との出逢いがありました。振り返ると、とても遠い昔のことのように感じますが、ひとつひとつの作品やアクセサリーが生まれる瞬間は鮮明に思い出せます。
そして、2人で創ることの楽しさは10年前も今も変わりません。
何かが生まれるときの気持ちや自分たちの好きな世界をみなさんに伝えたいという思いから、たどり着いたのがこの本でした。
僕たちが愛し続けていく、“みんながよろこぶものづくり““ありそでなさそなものづくり”。
これまでに出逢ったとても素敵でこの上なく大切なものが詰まったこの本をぜひご覧下さい」

                                     e.m.
                                 仲谷英二郎、飛田眞義

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

評=岡田亜矢子

なんともひねくれた作り、なんとも度肝を抜かれる作り。
こちらをおちょくっているのか、と思える作り。
でも、“ありそでなさそなものづくり”の e.m. らしさがあふれている、
愛すべき本だと思います。

意表をつかれるのが、なんとこの3冊がくっついてしまっていること。
しかも天地逆に両脇の本が接着されてしまっていること。
何かの間違いかと剥がそうとしたりしないように!

『e.m.1996-2006』(これがこれまで発表された全アイテムが紹介されているカタログ)を
見ようとすると、表紙が焦げ茶色のものすごく柔らかい革表紙の『pearls on the pig』が
真下になり、汚れたりしないか、ものすごく慎重に緊張して読むことになります。

そして、真ん中の『THE BOX IS FULL OF JANK』本に至っては、
横に倒して振ってみると、本の背からページがごっそり抜けて飛び出してきます。
(※本来は紐が取り付けてあって、引っ張るとページがごっそり抜ける仕組みになっているので、簡単に取り出せます。)

なんともひねくれた作り、なんとも度肝を抜かれる作り。
こちらをおちょくっているのか、と思える作り。
しかし、e.m.のデザイナーの仲谷さんと飛田さんの作品作りを見る限り、
これが二人のスタイルなんだ、と。
こだわってこだわり抜いて決めていった体裁なんだろうな、と思えます。
e.m.の世界観が大好き!! という人は、この感覚わかるんじゃないかな。
まさに、“ありそでなさそなものづくり”をコンセプトに活動してきたお二人ならでは。

さて、本の中に進むと、
商品カタログである『e.m.1996-2006』は、標本のスタイルをとっています。

Bp
              e.m.1996-2006

なんて美しいアクセサリーを発表してきたんだろう、と素直に思わせてくれる作り。
ただ必ずしも年代順に並べてあるわけではなく、
同じようなテイストで作成されたアクセサリーごとに分けて
バラバラで古い作品も新しい作品も混ぜこぜ状態での紹介方法。
この10年間のデザインがこの1冊でつかめます。
最後の商品ページまで見ていくと、急に真っ白なページが急に始まり、
なぜ敢えて白いページを残すのか、と首をかしげながら
それでも根気強くページをめくっていくと、さすがカタログ。
モノクロ写真付きで、石の種類やアイテムの価格表記があるのでした。
気になったアクセサリーはここで調べることができます。

極力、商品の写真をいかに美しく紹介できるかに力を入れていたカタログとは逆に
『pearls on the pig』は、遊び心満載の内容となっています。
というのは、この本の中に出てくるのは『e.m.1996-2006』に登場してきた同じアクセサリーたち。
その同じ主人公たちが、背景の写真やイラストと組み合わさって
ユーモラスな世界観を提示してくれるのです。

Photo_97
                pearls on the pig

王冠をイメージしてブタの頭の上に置かれた指輪。
女の子の頭に、髪の毛をイメージさせるように置かれた流線的なデザインのチャーム。
某CMのごとく、崖のクライミングをしているクモ。
海に漂うサンゴの指輪。
などなど。

この本を読みながら、再びカタログと見比べてみるというひそやかな楽しみ方。
この2冊はセットでご覧頂くことをお薦めしたい。

そしてそして、『THE BOX IS FULL OF JANK』である。

Cp1415_1
            THE BOX IS FULL OF JANK

これは、デザイナーの仲谷さんと飛田さんのプライベートコレクションの写真集。
けしてさわやかな内容ではありません。
近年、クモやハエといった昆虫のシリーズを発表していますが、
ヘビの剥製があれば、シカの頭の剥製、ワニの歯もあります。
ブタやネズミもお好きなようで、動物コレクションが特に目にとまります。
e.m.は、アクセサリーラインの他に、家具作りや内装も手掛けていることもあり、
素敵なアンティークの椅子や、カトラリー類も豊富。
これだけのものはどこに置いてあるのだろう、これらのモノに囲まれた生活というのは
どういうものなんだろう、といらぬ好奇心も芽生えてきます。
この膨大な資料アイテムから、大ヒットをとばしたpigリングやハエのピアスといった商品が生まれていったんだな、と感慨も生まれるもの。

というわけで、
アクセサリーの生まれる瞬間を調べるために
『THE BOX IS FULL OF JANK』を見て、
インスピレーションをもとに商品イメージをユーモラスに表現した
『pearls on the pig』を見て
お店に商品として並んだアイテムを『e.m.1996-2006』で確認する。

これが正しい鑑賞方法。
3冊はやっぱり切ろうとしても切り離せない構成なのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『e.m.1996-2006』『THE BOX IS FULL OF JANK』『pearls on the pig』

B5変形/3冊組/限定500部 /39,900円

☆全ての本にシリアルナンバー入りブタプレートが付いてきます!

Shop

【制作】
■AD:服部一成
■プロデューサー:青木むすび 
■フォトグラファー:瀧本幹也/舛本晋一

★お問い合わせ:03-3449-3927(e.m.design CO.,Ltd.)
★お取り扱い店舗一覧とWeb shopは
コチラ 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

編/A.okada

|

« ワイルド・ファンキーなプチギャラリーでの展覧会 | トップページ | 稲越功一写真展—百一人の肖像— »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/14654196

この記事へのトラックバック一覧です: 10年間の集大成 e.m. の限定アートブック登場☆:

» リップヴァンウィンクル(rip van winkle) [リップヴァンウィンクル(rip van winkle)]
記事を読ませていただきました。とても参考になりました。どうも ありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2007/04/12 17:43

« ワイルド・ファンキーなプチギャラリーでの展覧会 | トップページ | 稲越功一写真展—百一人の肖像— »