« 『さよなら! セブンティーズ』 | トップページ | いよいよラスト4回です »

2007/03/01

地球環境映像祭

EARTH VISION
第15回 地球環境映像祭

四谷区民ホールにて
3月9日(金)・10日(土)・11日(日)の3日開催!

Ishiojisanohashuike300
石おじさんの蓮池(台湾/監督:ワン・チンリン、チュ・シャオチェン/24分)
3月10日上映プログラムより

Inosence300
イノセンス(タイ/監督:アーリーヤー・チュムサーイー、ニサ・コンシリー/100分)
3月11日上映プログラムより

「地球環境」をテーマに、日本をはじめ、世界各国から寄せられた優れた映像作品と監督を紹介する。30分以内にコンパクトにまとめられている作品群。伝えたいテーマをいかに凝縮した映像の中に入れ込むか。
1日中、映像の連続の波を感じてほしい。

今回の映像の中にはアニメの作品なども含まれ、「創作」の作品もあるが、
基本的には、ドキュメンタリー作品が多数を占める映像祭である。
以前にこの映像祭の中で、ゴミの山に暮らす家族たちの姿を追ったタイのドキュメンタリー作品を鑑賞した事がある。
本当に広大な敷地にゴミが山と積まれていて、そこに人間が暮らしているのだ。
非日常的にすら見えるその光景こそが彼らの日常。
あっと驚く映像が待っている。そして真実を映し出している映像が。

この映像祭に一度でも参加してみてほしい。
圧倒される現実との対峙を余儀なくされるが、真剣に自分を取り巻く環境について

世界中の国々の現状について、グローバルな思想をめぐらす絶好の機会である。

★地球環境映像祭の公式サイトはこちら
   各日の上映プログラムの詳細がご覧頂けます。

---------------------------------------------------------------
■日時
2007年3月9日(金)14:00〜17:30
2007年3月10日(土)10:00〜20:30
2007年3月11日(日)10:00〜19:00
*11日(日)の終了時刻は、アース・ビジョン大賞受賞作品により異なります。
 最長20:00まで。

■会場:四谷区民ホール
   (東京都新宿区内藤町87番地 四谷区民センター9階)
Yotsuyahall

■料金
協力費1日1,000円 中学生以下無料・事前予約不要
3日間通し協力費(カタログ付き)一般2,000円 学生1,500円 

【問い合わせ先】
アース・ビジョン組織委員会
【事務局】TEL : 03-5362-0525  E-MAIL:festival@earth-vision.jp
----------------------------------------------------------------
編/A.okada

|

« 『さよなら! セブンティーズ』 | トップページ | いよいよラスト4回です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/14202710

この記事へのトラックバック一覧です: 地球環境映像祭:

« 『さよなら! セブンティーズ』 | トップページ | いよいよラスト4回です »