« 222人のDEMONS | トップページ | 『さよなら! セブンティーズ』 »

2007/02/23

山崎広太、3年ぶりの新作上演! 『Rise:Rose』

Kota Yamazaki Fluid hug-hug co. Dance Performance
山崎広太 振付新作/PICA(米ポートランド・ダンスフェスティバル)初演


『Rise:Rose』

2007年3月 2日(金)~4日(日) 会場:吉祥寺シアター

東京とNYを創作拠点として世界各地で活動する山崎広太の
3年ぶりのカンパニー新作公演『Rise:Rose』。

本作は、05年国際的に定評のある米ポートランドのフェスPICAで初演し、
「フェスティバル中最高の作品!」と謳われるなど新聞各紙で絶賛を浴びたもの。
06年10月豪メルボルンフェスティバル、11月NY・DTWでの再演を経て、待望の日本公演!

Yichun_061115_dtw_160
photo: Yi-Chun Wu, 「Rise:Rose」NY・DTW公演

舞台上には、透き通る繊細な和紙でできた大きい笠が吊られ、一見床の間かと思われる特殊な空間が設定されている。所々に吊り下げられたスチール製の灯篭。絶え間なく滴り落ちている水。鏡の乱反射。周りには薔薇の花びらが一面敷かれている・・・

Rise:Rose
死後の世界を思わせる、静謐で明るい世界。
そこで人は自身のルーツに再び出会う。

この作品の創作の背景には、山崎のNYやアフリカでの海外生活が大きく影響を及ぼしている。
03年から長期にわたって滞在したセネガルでの経験は、山崎の人生を根底から揺るがし、異文化のなかで、時として自身のアイデンティティを失い、自分のルーツを問い直す貴重な機会となった。
アフリカのダンサーとの生活の中、身体の交感で得られた伝統的エッセンスと現代ダンスを融合し、未来のダンスの可能性を山崎独自の洗練されたフォルムで導き出そうとする舞台である。

Yichun_061115_dtw_189
photo: Yi-Chun Wu, 「Rise:Rose」NY・DTW公演

舞台上には、透き通る繊細な和紙でできた大きい笠が吊られ、一見床の間かと思われる特殊な空間が設定されている。所々に吊り下げられたスチール製の灯篭。絶え間なく滴り落ちている水。鏡の乱反射。周りには薔薇の花びらが一面敷かれている。床からのエナジーに喚起された流れるような柔らかいムーブメントと、舞踏の持っている絶えず内側へと結びつけるムーブメントで、ダンスは構成されていく。そこには人間の最も美しくやさしい、幻想的なコミュニティを現出する。未知なる場所での体験が作品に昇華された時、そこには普遍的な世界が広がることを、山崎広太はダンスで示していく。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

■山崎広太 Kota Yamazaki
Profile

新潟生まれ、文化服装学院卒業 。18歳より舞踏家・笠井叡に師事。22歳より故井上博文に師事。

1994年バニョレ国際振付賞を受賞。01年までカンパニーrosy.Coで「Picnic」「Chinouse Flower」「Cholon」など7つの作品を発表。 欧米、アジア、アフリカなど世界各国に招聘され、注目を浴びる。

02年には、気鋭のシンガポールの演出家 オン・ケンセンの「リサーチ:ハムレット」に出演・振付し、ハムレットの実際の舞台となったデンマークのクロンボーン城で公演。同年、新カンパニーFluid hug- hug co.を設立。「Night on the grass」「Fish for Ellen」「What’s wrong」の三作品で旗揚げ公演を行う。


03年7月には、世田谷シアタートラムにて独舞「アフリカの夜」を上演。

03年~04年アフリカ・セネガルに長期滞在し、芸術監督のジャンメイ・アコギーと共同でカンパニーJant-Biを振付する。この国際プロジェクト「FAGAALA」はルワンダジェノサイドをテーマに扱った歴史的な作品として高く評価され、アメリカ9つの州にわたる全米ツアーから始まり、アフリカ、欧米、豪州でのワールドツアーが現在も行われている。


06年3月国際ダンスフェスティバルJADEにて東京初演。07年3月NY・BAM。

04年9~12月韓国国立大学でダンスの教鞭をとる。05年7月韓国舞踏フェスティバルにて韓国人ダンサーへの振付作品「CAUSED by economy, Oral to Anal」、10月東京オリベホールにて再演。2006年[オーストラリア-日本 ダンスエクスチェンジ]日豪共同プロジェクトにて「Chamisa 4℃」を両国にて発表。

05年9月ポートランドで初演されたトリオ新作「Rise:Rose」が好評を博し、05年アメリカ・アジアツアー、06年10月オーストラリア・メルボルンフェスティバル、11月NY・DTWで再演。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

振付:山崎広太、 出演:Paul Matteson、西村未奈、山崎広太
主催:Kota Yamazaki Fluid hug-hug co.、(財)武蔵野文化事業団

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

『Rise:Rose』

2007年 3月 2日(金) 開場19:00/開演19:30
      3月 3日(土) 開場15:30/開演16:00
      3月 4日(日) 開場15:30/開演16:00

〔会場〕 
吉祥寺シアター

[チケット料金] 全席自由  一般前売:3,500円/当日:3,800円
[チケット取扱] チケットぴあ 0570-02-9988(オペレーター対応)
         
JCDNダンスリザーブ  

[取扱・問合せ] 
魁文舎[KAIBUNSHA]  TEL:03-3275-0220 


編/A.okada

|

« 222人のDEMONS | トップページ | 『さよなら! セブンティーズ』 »

コメント

山崎広太 身体ワークショップ 受講生募集中!

[夏期集中4日間]
2007年7月25日[水]―28日[土]
会場 : 四谷アート・ステュディウム

からだのトランスカルチャーだ!
密度と強度の全7回講座

山崎広太がもっとも興味のあることを試みる実験的なクラス
最終日にショーイングを行ないます

山崎広太 四谷にあらわる!!
世界的なコンテンポラリーダンサー 山崎広太さんを迎える
贅沢なワークショップが今年も四谷に実現します!
アメリカ、ヨーロッパ、アフリカと世界中を旅し、評価される
山崎さんのからだには、10人の異なる人間と15匹以上の動物が
一緒に住んでいるとしかいいようがない。
彼のからだ自身が、さまざまな主体が移動し出会う地球(地図)に
なっているかのようです。

:: 講座案内 ::
■日程
7月25日[水] 18:15-19:45
7月26日[木] 18:15-21:15
7月27日[金] 18:15-21:15
7月28日[土] 18:15-19:45+発表会

■受講料 全7回 14,000円

■受講申し込み/問い合わせ先
近畿大学国際人文科学研究所 東京コミュニティカレッジ 
四谷アート・ステュディウム
tel. 03-3351-0591
fax. 03-3353-7300
(9:30―17:00、日曜・祭日 休)
http://www.artstudium.org

■山崎広太 [やまざき・こうた]
振付家、ダンサー。カンパニーKota Yamazaki Fluid hug-hug Co.主宰。
笠井叡、故井上博文に師事。
主な作品= 《intelection》(1994年バニョレ国際振付賞本選ファイナリスト)、《what's wrong》《Chinoise flower》《CHOLON》《Fagaala》(ジャンメイ・アコギーとの共同振付)など。
現在、ニューヨークと東京を拠点に活動中。
http://www.kotayamazaki.com/

投稿: mi | 2007/07/20 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山崎広太、3年ぶりの新作上演! 『Rise:Rose』:

« 222人のDEMONS | トップページ | 『さよなら! セブンティーズ』 »