« 小松崎茂展(ご招待プレ付き!) | トップページ | 田中泯、大きな劇場でのソロ公演は最後の独舞   「透体脱落」 »

2006/10/24

西澤 利高 展 ぎりぎりのかたち

西澤 利高 展 ぎりぎりのかたち

メタルアートミュージアム 光の谷にて
2006年10月21日(土)~11月19日(日)
10:00~17:00 月曜日休館
入館料500円

Inframince_01_01

INFRAMINCE アンフラマンス

■ コンセプト
「INFRAMINCE アンフラマンス」は、実体の無いコア(中心)を表裏一体となる形態で表現。
「METAMORPHOSIS 変態」は、厚みのあるものから薄いものへの生態変化を通して「薄さ」についての形態論。
新しいこれらの作品で共通するテーマは「モノの厚みについて」となります。表裏の概念を持たずカタチとして存在する彫刻をさまざまなモチーフを引用しながら一貫の制作テーマとしています。

■ メッセージ
作品タイトルの「INFRAMINCE アンフラマンス」は、デュシャンのメモにでてくる造語で、「超薄性」とパリにずっと住んでいた友人が日本語に訳してくれました。私はこの言葉をずっと以前に東野芳明著「マルセルデュシャン
-遺作論以降-」でみつけて私の作品のテーマにかなり近いなと考えていまして、今回の作品ではさらにアンフラマンスなものができた気がしてそのまま作品のタイトルにしてしました。「超薄性」と訳してくれた友人に内覧してもらい、そのままアンフラマンスネタで呑み明かしました。

■ 出品作品
INFRAMINCE アンフラマンス 
サイズ 200cm×200cm×100cm
素材 無電解ニッケルメッキされた鉄、ウレタン塗料

METAMORPHOSIS 変態
サイズ 2500cm(屋外での展示作品)
素材 亜鉛メッキされた鉄、ウレタン塗料

Infranince_02_01
INFRAMINCE アンフラマンス

Metalartmuseum_01_01_1

西澤 利高 略歴

1965   岐阜県生まれ
1992   東京藝術大学大学院美術研修科彫刻修了

個展
1994   ギャラリースペース游/神奈川 (’95/’99)
1996   ときわ画廊/東京
2001 Galerie Le DECO/東京
2003   Gallery APPEL/東京
HIGURE 17—15 CAS (ASAHI Art Festival 2003)/東京
DESPERADO/東京
2005 ギャラリーオカベ/東京
2006 ギャラリースペース游/神奈川(詩人:八木幹夫との展覧会)
2007 METAL ART MUSEUM –HIKARINOTANI-/千葉

グループ展
2001   ふれる彫刻展/小田原/神奈川(’02,’03)
2002   白川郷芸術祭2002/岐阜
2004   とよたトリエンナーレ2004/豊田市美術館/愛知県
      INTER SPACE Korea-Japan/Daegu, Korea
      Busan International Print Art Festival/Busan, Korea
2005   日本金属造形作家展2005/神奈川県民ホールギャラリー/神奈川
           GAW展/新宿ゴールデン街/東京
           古今伝授の里フィールドミュージアム/岐阜
Japan-Korea Modern Art Exhibition [KAN-RYU]
Gallery SP/Seoul, Korea
大谷石資料館/栃木県
アートコテージぱぴるす/神奈川

コレクション
長野県佐久市
大谷石資料館(栃木県)2005年寄贈

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

西澤 利高 展 ぎりぎりのかたち

メタルアートミュージアム 光の谷
千葉県印旗郡印旗村吉高2456
TEL:0476-98-3151

www.jade.dti.ne.jp/~mam/

東関東自動車道 佐倉IC 30分/常磐自動車道 柏IC 60分
京成本線 佐倉駅北口、北総線(都営浅草線直通)印旗日本医大駅よりタクシー
又は、両駅間往復バスにて、山田西口下車徒歩2.5km

www.toshitakanishizawa.com

協賛:株式会社イワセ・株式会社ブラザー
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

編/A.okada

|

« 小松崎茂展(ご招待プレ付き!) | トップページ | 田中泯、大きな劇場でのソロ公演は最後の独舞   「透体脱落」 »

コメント

西澤さん、覗かせていただきました。アトリエで見るよりはるかにいいですね。空間がいかに作品の見せ方を変えるかをはっきりと感じました。残念ながら見学にいけませんが、この作品は、あなたのエポックになるかもしれませんね。益々のご活躍をお祈りします。八木幹夫。

投稿: 八木幹夫 | 2006/11/10 13:44

八木さま。
コメントありがとうございます。スタジオで内覧いただいたときのことを今でもよく思い出します。彫刻が、コミュニケーションの媒体として機能していた時間でした。私自身は相変わらずへろへろなんですが、、、また新作を制作中です。
西澤

投稿: 西澤 | 2006/11/14 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西澤 利高 展 ぎりぎりのかたち:

« 小松崎茂展(ご招待プレ付き!) | トップページ | 田中泯、大きな劇場でのソロ公演は最後の独舞   「透体脱落」 »