« 西澤 利高 展 ぎりぎりのかたち | トップページ | 今一番注目のアーティスト 高木正勝 »

2006/10/25

田中泯、大きな劇場でのソロ公演は最後の独舞   「透体脱落」

★朝日舞台芸術賞受賞記念・キリンダンスサポート公演

 第6回 恋愛舞踏派公演
 田中泯 独舞「透体脱落」  東京・松本・京都公演
 Min Tanaka Solo Dance“where we fall into 
transparency”

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

──ごれんらく──   田中 泯


此の度の東京、長野、京都、三所での公演を最後に大舞台、大劇場での
踊りを終はりといたします。
劇場が嫌いなわけではないのですが、舞台、芸術など、と大げさなこと
をやっていく気がしないのです。
もっとさらりと踊りたい。もっと地面に近づきたい。時間なく、始まり
も終りもなく、名前もなく、後悔もなく、……遠い未来の話をしているのですが、やっ
てみないと遠いままです。旅を始めたこと、は本当です。うまくなりたい、のです。すべて自
分に 向けて。
ところで、野口実さん、を私の音楽の先生、そして共闘者として意識は
じめて、40年近くになります。私が多様な音楽世界の内側を飛びまはれるのも、野口さんの教えによる ところ大大大です。
数えきれない程の公演を、そして一緒の決意をしてきたものでした。
今回を最後に、野口さんとの舞台での共闘は終はります。
これからの田中泯と野口実をよろしく。では 劇場で!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今年の1月、昨年上演した田中泯独舞「赤光」と「透体脱落」によって、
第5回朝日舞台芸術賞とキリンダンスサポート賞を受賞いたしました。
今回これを記念し、東京、松本、京都の劇場3ヵ所で、田中泯独舞「透
体脱落」を上演いたします。
授賞式では、「劇場も死ぬほど好きですが、私にとって劇場より踊りの
方が大事です。今後は野外や路上で、もっと衝動にちかい所で踊っていきたい」と当人
が御挨拶しました。
その気持ちに偽りはなく、いまも毎週のように各地の野外等で場踊りを
展開しています。できれば、田中泯という名前も忘れ、無名の人となって踊りを生きたい
と、ますます踊りに、農業に、またインドネシアの森のプロジェクトに精を出している日々です。
1970年代、独自の舞踊活動を開始してから、世界中の劇場に限らず、街
や村、野、川、海山で、あらゆる人々の前で、あらゆる機会、感情とともに、生命の誕生以来つ づく踊りの嫡子として、じつに多くの踊りを踊ってきました。いま、還暦を過ぎ、永遠と繋がる 踊りの地平で、未知の、より自在な一歩を踏み出すために重要な岐路を迎えています。<私>の原点である無意識の幼少時代まで遡る、記憶にない
<私>の踊り。昨年の初演時からさらに多くの場で踊り、刻々と貴重な体験と出会いを重ね、たえず変貌を続け るからだと精神の現在から出発して、より激しく、深く掘りさげた無為の踊りにしたい と、準備を進めています。
皆様、本公演にどうかお立ち会いください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

★朝日舞台芸術賞受賞記念・キリンダンスサポート公演

 第6回 恋愛舞踏派公演
 田中泯 独舞「透体脱落」  東京・松本・京都公演
 Min Tanaka Solo Dance“where we fall into 
transparency”

定礎=土方 巽 演出・出演=田中 泯 音楽=野
口 実
照明=田中あみ 装置=鈴木啓志、田中らん 衣裳=石原志保

●東京公演
 11/11 SAT 7:00pm・12 SUN 4:00pm開演(開場は
30分前)
 会場/提携:世田谷パブリックシアター
 TEL 03-5432-1526(東急田園都市線/世田谷線 三軒茶
屋駅5分)

    http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/

◎入場料(全席指定)
S席(1・2階) 前売¥3,500 当日
¥4,000 
A席(3階)  前売¥3,000 当日¥3,500  学生
席 前売¥2,500 当日¥3,000
SePT倶楽部会員 ¥3,100(A席前売のみ取扱) 世田谷区
民割引 ¥3,300(A席前売のみ取扱)
◎チケット発売中
舞踊資源研究所/東京  03-5340-3860、
artcamp@sf7.so-net.ne.jp
くりっくチケットセンター  03-5432-1515
チケットぴあ 0570-02-9999・9988
Pコード予約 0570-02-9966 (Pコード:372-108)
電子チケットぴあ 
http://t.pia.co.jp/
全公演託児サービスあり(定員制・有料・要予約)Tel 03-5432-1530

●松本公演
 11/15 WED 7:00pm開演(開場は30分前)
 会場/共催:まつもと市民芸術館 実験劇場
 TEL 0623-33-3800
 
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/mpac/

◎入場料(全席自由)
一般前売 ¥3,000 当日¥3,500
学生前売 ¥2,500 当日¥3,000
◎ チケット発売中
まつもと市民芸術館チケットカウンター
まつもと市民芸術館チケットセンター 0263-33-2200
舞踊資源研究所/東京  03-5340-3860、
artcamp@sf7.so-net.ne.jp

●京都公演
 11/ 18 SAT 4:00pm開演(開場は30分前)

 会場:京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
 TEL 075-791-9437
 
http://www.k-pac.org/

◎入場料(全席自由)
一般前売 ¥3,000 当日¥3,500
学生&ユース(25才以下)前売 ¥2,500 当日¥3,000
◎ チケット発売中
京都芸術劇場チケットセンター075-791-8240(午前10時~
午後5時)

ticket@kuad.kyoto-art.ac.jp
チケットぴあ 0570-02-9999
Pコード予約 0570-02-9966 (Pコード:372-100)
電子チケットぴあ 
http://t.pia.co.jp/
舞踊資源研究所/東京  03-5340-3860、artcamp@sf7.so-net.ne.jp

全公演主催=舞踊資源研究所 協賛=キリンビール株式会社 後援=朝
日新聞社


◎舞踊資源研究所/東京
TEL 03-5340-3860 FAX 03-5340-3861
〒164-0012 東京都中野区本町5-13-1-105
e-mail:artcamp@sf7.so-net.ne.jp

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

|

« 西澤 利高 展 ぎりぎりのかたち | トップページ | 今一番注目のアーティスト 高木正勝 »

コメント

このたびの泯さんの「ごれんらく」、
こころからお喜びしたいと思います。

だれにでもできること=泯さんにしかできないこと。

いつか路上に転がる名もない踊りそのものの泯さんにばったり会えたら
うれしくおもいます。

このたびの日本公演は観にいけませんので
結局の去年のプラハ公演が僕にとっての最後の公演になりました。

15年前に、野口さんが僕にくれた踊りのヒントは
いまもひとつの“層”となっていき続けています。
ありがとうございました。

投稿: Ryuzo Fukuhara | 2006/10/28 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中泯、大きな劇場でのソロ公演は最後の独舞   「透体脱落」:

« 西澤 利高 展 ぎりぎりのかたち | トップページ | 今一番注目のアーティスト 高木正勝 »