« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/27

自動人形師ムットーニ展2006

Photo_29
LAPNET SHIP (渋谷)にて、
2006/9/30[土]-10/18 [水] 11:00am-8:00pm


昨年、全国各地で大規模な展覧会を行なった、自動人形師ムットーニの待望の新作発表会&上演会が開催されることに!! ムットーニの作品は大小様々な形状のボックスの中で繰り広げられる電動式の夢舞台です。作品たちは、それぞれ独立したストーリーやテーマをもち、スイッチを入れて数分間は、ムットーニの世界に浸りましょう。

04

★出展内容…立体作品 約10台、平面作品、CG作品など

続きを読む "自動人形師ムットーニ展2006"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/09/14

新しく誕生した手塚キャラクター “tezuka moderno”!

手塚治虫がデビューしてからちょうど60年にあたる今年、
今までにない新しい雰囲気の手塚キャラクターが誕生!!


   2006.09.14 (thu) - 2006.09.26 (tue)/ロゴスギャラリーにて

手塚治虫の人気キャラクターと、CMキャラクターや企業広告など様々なフィールドで活躍する噂のデザインチーム「play set products」とのコラボレートにより生まれた、新しい手塚キャラクター、その名も“tezuka moderno”。
温もりが伝わってくる愛らしいキャラクターたち。懐かしくて新しい、手塚プロダクションの新キャラクターブランドがお目見えです!

★「play set products」描きおろしの“tezuka moderno”の原画と
  手塚治虫のオリジナル原画を同時展示いたします。
  全国発売に先駆けての“tezuka moderno”グッズと会場限定グッズも販売!★  

Photo_25
     (C)Tezuka Productions

続きを読む "新しく誕生した手塚キャラクター “tezuka moderno”! "

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/11

神村恵と種子田郷による『うろ』

評=石井達朗

   日本のコンテンポラリーダンスに小さな風穴を開けて欲しい。
         
種子田郷(音楽家)×神村恵(ダンサー)


8月に、印象的な舞台が二つあった。ひとつは神村恵のダンスと種子田郷のサウンドによる『うろ』(8月14日、麻布die pratze),もうひとつは大橋可也振付けの『明晰さは目の前の一点に過ぎない』(8月27日、吉祥寺シアター)。

神村は大橋作品にも一ダンサーとして出演している。『うろ』は、神楽坂と麻布のdie pratzeで毎夏開催されている「批評家推薦シリーズ」の一環であり、実を言えばこれは私の推薦である(去年の同じシリーズで私が推薦したのが大橋可也だった)。
というわけで、神村の『うろ』については、あれこれ述べる資格がないのかもしれないが、以下は推薦人兼観客としての感想である。

続きを読む "神村恵と種子田郷による『うろ』"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/08

カウパレード2006遂に開幕!

Photo_24
↑ 画像をクリックしてください

続きを読む "カウパレード2006遂に開幕!"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/09/01

「グエムル 漢江の怪物」いよいよ明日公開

全世界の才能が集結!
『ロード・オブ・ザ・リング』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のスタッフが
驚愕の怪物創造に挑む!!!       

9月2日より有楽町スバル座ほか全国拡大ロ
ードショー

Photo_22
(C)2006 Chungeorahm Film.All rights reserved.

私は高校のとき、漢江(ハンガン)で怪物を見た

高校時代、ジャムシル大橋の柱を這い上がっている不思議な怪物を目撃して
衝撃を受けたことがあります。
その後、映画監督になったら必ずこれを映画にしようと、固く決心しました。
   
― ポン・ジュノ監督

Photo_23

続きを読む "「グエムル 漢江の怪物」いよいよ明日公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »