« アトリエに牛がやってきた! | トップページ | 「カウパレード2006」 本日の朝日新聞、産経新聞朝刊にて掲載! »

2006/08/22

Tomomi Arata Jewelry Exhibition

>

Tomomi Arata Jewelry Exhibition
- Treasures from natural world -



2006年8月24日-9月12日 12:00-20:00
   ギャラリードゥポワソンにて

005_1

日本とオランダでジュエリーを学び、現在は世界各国のギャラリーで作品発表を行う荒田朋美の国内初(!!)の本個展。10年程前から砂やガラスを素材に、オーガニックなフォルムのジュエリーの発表し、人の捨てたゴミに貝や海藻、砂、土、苔等が付着し風化して出来た形をイメージにして独自の技法のジュエリーを発表。
本個展では、砂や土を使った初期の作品から、七宝とガラスを使った最新の作品まで幅広く展示。荒田朋美の歴史がひも解かれます。


003_1
002

* 8月25日(金)18:00 より作家本人を招いてのオープニングパーティー開催!


★ギャラリードゥポワソン(gallery deux poissons)★

150-0013 東京都渋谷区恵比寿 2-3-6 B1F 
Tel.03-5795-0451 Fax.03-5795-0452 
E-mail.info@deuxpoissons.com
Open.12:00-20:00 Close.Wednesday
Web.http://www.deuxpoissons.com

_________________________________________________________________________

子供の頃から自然の環境の中で育ち、自然と触れ合うことが当たり前でした。
歩いて「きれい」 「おもしろい」 と思ったものは必ずポケットに入れて持ち帰り
観察していました。この拾い集めた物たちが、ゆくゆく私の宝物となり、ジュエリー
と融合させて行くことによって、自然物から受けた感動を表現していく様になりまし
た。自然界の色や形、特に時間の経過で出来上がった物体からインスピレーションを
受けます。

今は主に、海と山の自然物。 例えば、潮だまりに付着している動植物や岩肌、海岸
に打ち上げられた漂流物、山の鉱物や植物等の有機的な形体、色をモチーフにしてい
ます。また、人間の捨てたゴミに貝や海藻、砂、土、苔等が付着し風化して出来た形
にも興味を持ちます。 これらは、私にとって自然物と人工物のハーモニーだと言え
ます。

自然がゴミを飲み込み、装飾して新たな物体を創り上げる。
私は、このハーモニーのイメージと扱う素材との関連性を大切にし制作しています。

荒田 朋美

_____________________________________________________________________________

プロフィール

Tomomi Arata / 荒田 朋美

1967            茨城県笠間市に生まれる

1987~90    東京 ヒコみづのジュエリーカレッジ 研究科卒業

1991~96    オランダ国立Gerrit Rietveld Academy,(ヘリット リートフェルトア
カデミー)    ジュエリー学科卒業

1999            茨城県笠間市にて制作活動

2001~         東京 ヒコみづのジュエリーカレッジにて非常勤講師を勤める

Exhibitions

1996   -Gallery Marzee "Graduation Show" Nijmegen Holland
        -Gallery Ademloos "Een goed begin" Den Haag Holland
        -Gallery De Cirkel "Joint Exhibition" Almere Holland

1997   -Gallery Marzee "Flessibellissimo" Nijmegen Holland
        -Gallery Louise Smit "Een Willekeurige Verzameling" Amsterdam
Holland

1998   -Gallery Ademloos "T (row)" Den Haag Holland
        -Schmuckszene 1998 Munchen Germany
        -Craft Council "Davit Watkins Design Sourcebooks" London U.K

2000    -The Scottish Gallery メContemporary Enamel Jewelry Focus Showモ
Edinburgh Scotland

2001   -Mobilia Gallery "The Ring" Cambridge U.S.A
        -SOFA New York/Chicago (Mobilia Gallery) U.S.A
        -Wustum Museum "The Ring traveling Exhibition" U.S.A
        -Craft Council "Contemporary Japanese Jewelry" London U.K

2002   -Mobilia Gallery "Jewelry from painting" Cambridge U.S.A
        -SOFA New York/Chicago (Mobilia Gallery / The David Collection
Gallery) U.S.A
        -Colorado Springs Art Center "The Ring Traveling Exhibition"
        -University of Texas "The Ring Traveling Exhibition"
        -Gallery Marzee "Group Exhibition of Teachers Jewelry-Hiko.Mizono
College of Jewelry"  Nijmegen Holland

2003   -Gallery deux poissons "Contemporary Jewelry Exhibition" Tokyo JAPAN
 
        -Mobilia Gallery "Japanese Jewelry and Hollowware shows" Cambridge
U.S.A
        -Roter Pavillon Gallery "3×5 Show"  Bad Doberan  Germany
                  
2004   -Published Lark Books "1000 Rings" U.S.A
        -Legnica Gallery "Silver Exhibition" Legnica Poland
        -Mobilia Gallery "Connections" Cambridge U.S.A
         -Velvet da Vinci "200 Rings"  San Francisco U.S.A
        -Gallery deux poisons "The Ring Exhibition" Tokyo JAPAN
                  
2005   -200 Rings Traveling Exhibition
         ・Obsidian Gallery, Tucson, Arizona U.S.A
         ・Gallery M, Cleveland, Ohio, U.S.A
         ・Shaw Gallery, Northeast harbor, Maine U.S.A
        -Huis Rechts, "Long Striders in Tiny Shoes", Amsterdam, Holland
        -Kunst RAI, Amsterdam, Holland
        -OXO  Tower, Southbank, "Wearing Glass 2005" London, UK
        -National Glass Centre, Sunderland, UK

2006   -H.I.P.O.T.E.S.I Gallery Solo Exhibition "Treasures from the natural
world"  Barcelona, Spain
        -Glass Gallery, National Glass Centre, "Wearing Glass" London, UK
        -South Carelia Art Museum,  "KORU 2" Lappeenranta, Finland
   
Collection
1996            Gerrit Rietveld Academy Collection Amsterdam Holland
1997            Foundation of Francoise van den bosch (Stedelijk Museum)
Amsterdam Holland
2004            Alice and Louis Koch Collection England

編/okada

|

« アトリエに牛がやってきた! | トップページ | 「カウパレード2006」 本日の朝日新聞、産経新聞朝刊にて掲載! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174560/11561047

この記事へのトラックバック一覧です: Tomomi Arata Jewelry Exhibition:

« アトリエに牛がやってきた! | トップページ | 「カウパレード2006」 本日の朝日新聞、産経新聞朝刊にて掲載! »